愛知県名古屋市名東区一社 トリガーポイント 筋膜リリース 鍼灸 アナトミートレイン

スタッフのブログ(2024年05月)

 
 
 
後藤
後藤
先日、仙台にて行われた全日本鍼灸学会に参加した模様を報告させていただきます!!
 
 
 
 
 
 
名古屋トリガーポイント鍼灸院は、名古屋市名東区一社にある鍼灸治療院です。
 
当院では「痛み治療の主流に鍼灸を」といったビジョンの元、学会などの学術活動にも力を入れております。
 
今回は、宮城県仙台市にて行われた、第73回公益社団法人全日本鍼灸学会学術大会宮城大会の模様と、実際に学会発表を行った前田先生と高橋先生の感想をお届けします!
 
 

コンテンツ作成:倉橋 千夏子

名古屋トリガーポイント鍼灸院 鍼灸師

【資格】鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師

【経歴】鍼灸マッサージ師免許取得後、名古屋トリガーポイント鍼灸院にて勤務。

トリガーポイント治療・エコーを使った安心安全効果的な鍼治療を行っております。


 

コンテンツ監修:斉藤 究

さいとう整形外科リウマチ科 院長、日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会専門医、日本内科学会会員

 
 

全日本鍼灸学会はこんなところ!

 

全日本鍼灸学会とは、、

 

 

 

今回が73回目で、宮城県仙台市、仙台城趾の麓にある仙台国際センターにて開催されました。

 

 

天気に恵まれた2日間でした!(撮影:前田先生)

 

 

 

学会発表の感想(前田先生)

 

私は今回「深部トリガーポイントに対しエコー下鍼治療が有効であった1症例」という演題で発表をしました。

 

 

発表資料作成に際し、さいとう整形外科の斉藤究先生をはじめ、多くの先生方にご協力・アドバイスいただきました。本当にありがとうございました。

 

今回の発表をきっかけに、多くの先生方に当院のエコーガイド下のトリガーポイント鍼治療に興味を持っていただき、お声がけいただきました。

また、各大学で研究されている先生方とのつながりも増え、様々な角度から治療を再考するいいきっかけとなりました。

 

学術活動をしている鍼灸院は多くはありません。それでも、学術活動を通して得られる知識や経験は、必ず患者さんへの治療に活きてくると信じています。

来年も今年より成長した発表ができるよう、頑張ります!!

 

 

 

 

学会発表の感想(高橋先生)

 

今回は「超音波診断装置を用いた後頭下筋群への安全刺入深度の検討」というタイトルで学会発表を行ってきました!

 

MRIを用いて、私と同じような研究を行っている先生もおり、多くの先生方からご助言などをいただきました。

 

安全に効果のある鍼灸を患者さんに提供し、他職種の先生にも鍼灸の良さが認められるように、今後もこのような研究を進めていきたいと思います。

 

 

 

まとめ

 

以上が前田先生と高橋先生からのご感想でした!

今回現地へ応援に行った私、後藤もお二人から非常に刺激を受けました。

 

「痛み治療の主流に鍼灸を」

 

それだけの効果が鍼灸にはあると私も心の底から信じています!

 

来年の全日本鍼灸学会は愛知で開催予定です!

 

お二人のように外向きに情報を発信できるよう、日々精進してまいります。

 

そして何より。

患者様から信頼いただける名古屋トリガーポイント鍼灸院であり続けられるように。

 

今後ともスタッフ一同。

より一層の努力を続けてまいります!

 

 

症状が酷くなる前に

当院のトリガーポイント治療をお試し下さい!

 

 

 

最近のオススメブログ

NHKスペシャル 東洋医学を“科学”する~鍼灸(しんきゅう)・漢方薬の新たな世界~

NHKで2024年5月19日(日)21:00から放送された
「NHKスペシャル「東洋医学を“科学”する~鍼灸(しんきゅう)・漢方薬の新たな世界~」にて
『鍼灸治療』について紹介されました。

その中で、当院が得意とする
「慢性痛」について紹介されました!

このブログでは慢性痛の解説と
当院で鍼灸治療を受けるメリットについて解説していきます。

 

 

名古屋トリガーポイント鍼灸院へのご予約・お問い合わせ

 

 

 

 

ホームに戻る

名古屋トリガーポイント鍼灸院について詳しくはこちら

 

システム・料金について 詳しくはこちら

 

当院のセラピストについて詳しくはこちら

 

 

 

 


名古屋市名東区一社駅から徒歩1分!土日祝日も営業している整形外科医監修の鍼灸院

肩こり、腰痛、ヘルニアなど痛みやしびれでお困りなら名古屋トリガーポイント鍼灸院までご相談ください

電話予約・お問い合わせ 052-753-3231


 

このようなお悩みでお困りではありませんか?
  1. 常に肩こりが気になる
  2. 長時間のデスクワークで腰が痛い
  3. 長年頭痛で悩んでいる
  4. 全身あちこちが痛い

 

倉橋
倉橋
このような悩みがずっと続くのかなと思うと不安になりますよね。
 
本記事ではこれらの悩みを解消するにはどうすればよいのか解説させていただきます。
 
NHKで2024年5月19日(日)21:00から放送された
「NHKスペシャル「東洋医学を“科学”する~鍼灸(しんきゅう)・漢方薬の新たな世界~」にて
『鍼灸治療』について紹介されました。
 
その中で、当院が得意とする
「慢性痛」について紹介されました!
 
 
名古屋トリガーポイント鍼灸院は、名古屋市名東区一社にある鍼灸治療院です。
当院ではこれまで数多くの患者さんの慢性痛治療に携わらせていただきました。
 
今回は、
慢性痛の解説
当院で鍼灸治療を受けるメリットについて解説していきます。
 
本記事を読み終えることで、
痛みやしびれを少しでも早く解消する方法がわかります。
 
 

コンテンツ作成:倉橋 千夏子

名古屋トリガーポイント鍼灸院 鍼灸師

【資格】鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師

【経歴】鍼灸マッサージ師免許取得後、名古屋トリガーポイント鍼灸院にて勤務。

トリガーポイント治療・エコーを使った安心安全効果的な鍼治療を行っております。


 

コンテンツ監修:斉藤 究

さいとう整形外科リウマチ科 院長、日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会専門医、日本内科学会会員

 
 

慢性痛とは

 

 

慢性疼痛とは国際疼痛学会(IASP)で

「治療に要すると期待される 時間の枠を超えて持続する痛み、

あるいは進行性の非がん性疼痛に基づく痛み」 と定義されています。

 

一般的には、

3ヶ月以上続く痛みのことをいうことが多いです。

慢性疼痛治療ガイドライン2018より引用

 

慢性痛の原因

 

 

痛みは慢性化すると、痛みの要因はどれか 1 つに起因 することは少なく、

いろいろな要因が複雑に絡んだ混合性疼痛になっていることが多いです。

慢性疼痛治療ガイドライン2018より引用

 

そのなかで、

原因の一つとして「脳」に問題があると言われています。

 

脳には、

痛みを抑制する機能を持つ「PAG」と呼ばれる場所が存在します。

 

しかし、慢性痛を抱える方は、

脳の機能不全により「PAG」がうまくはたらかなくなってしまいます。

 

つまり、慢性痛を抱えている方は、

痛みについて正しく理解し、

認知的に痛みを制御する機能に問題が起こってしまうんです。

 

ただし鍼治療を行うことにより、

PAGや痛みに関わるはたらきを回復させることができることがわかってきています!

 

 

慢性痛とトリガーポイントについて

 

 

 

名古屋市名東区一社にある名古屋トリガーポイント鍼灸院では、

慢性の痛みの原因となりうるトリガーポイントの治療を行っております。

 

トリガーポイントとは、

こりが酷くなり、痛みセンサーが過敏化してしまっている状態のことを言い

指圧をするとズーンと響くような痛みがあったり、

押した場所から離れた部位まで痛みが響いたりするポイントのことを言います。

 

このように押した場所から

離れた箇所に痛みが響くことを、筋肉の関連痛と言います。

 

トリガーポイントが存在する場合、

普段感じている痛みが再現される又は、

同じことをしているのに他の場所よりも痛みが強く感じます

 

トリガーポイントによっても

普段感じている痛みと同じような症状を感じることがあります。

その場合、

エコー・力を入れる・指で押す・ストレッチをかける等の各検査を行うことで、

あなたの慢性痛の

本当の原因となっている部位(トリガーポイント)を正確に特定することができます

 

慢性痛の治療方法

 

 

慢性痛の原因となる筋肉などに対して治療を行います。

 

詳細な部位に関しては超音波画像診断装置(エコー)を用いて、

ミリ単位でこりを狙います

凝っている場所に直接鍼でアプローチすることで、

局所の血流改善を起こし、こりの不快感自体を変えていきます。

 

慢性痛は鍼で筋肉・筋膜・トリガーポイントのアプローチを

 

 

「マッサージじゃ良くならないし、どうしたら良いか悩んでいました」

当院にはそんな患者様も多く見られます。

 

名古屋市名東区一社にある名古屋トリガーポイント鍼灸院では

筋肉の専門家である鍼灸師

エコーを用いた検査や可動域検査、問診などをしっかり行い、

今までわからなかった痛みの原因を探していきます

 

お一人お一人にあわせた治療プランで

慢性痛を私たちと一緒に治していきましょう!

 

少しでも辛いなと感じる方は、症状が酷くなる前に

当院のトリガーポイント治療をお試し下さい!

 

名古屋トリガーポイント鍼灸院へのご予約・お問い合わせ

 

 

 

 

ホームに戻る

名古屋トリガーポイント鍼灸院について詳しくはこちら

 

はじめての方へ

システム・料金について 詳しくはこちら

 

メニュー・料金

当院のセラピストについて詳しくはこちら

 

スタッフ紹介

 

 

 


名古屋市名東区一社駅から徒歩1分!土日祝日も営業している整形外科医監修の鍼灸院

肩こり、腰痛、ヘルニアなど痛みやしびれでお困りなら名古屋トリガーポイント鍼灸院までご相談ください

電話予約・お問い合わせ 052-753-3231


 

 

当院は肩関節周囲の筋肉のコリの改善により、上腕二頭筋長頭腱炎の改善を行います

このようなお悩みでお困りではありませんか?
  1. 肩の前側が痛い
  2. 腕をあげると肩が痛い
  3. 重い物を持つと肩が痛い
  4. 病院などで上腕二頭筋長頭腱炎と言われた
  5. 髪の毛を洗う時に肩が痛い
  6. 夜寝ている時に肩が痛い

 

倉橋
倉橋
このような悩みがずっと続くのかなと思うと不安になりますよね。
 
本記事ではこれらの悩みを解消するには
どうすればよいのか解説させていただきます。
 
 
名古屋トリガーポイント鍼灸院は、名古屋市名東区一社にある鍼灸治療院です。
当院ではこれまで数多くの患者さんの治療に携わらせていただきました。
 
本記事では、
上腕二頭筋長頭腱炎の原因やトリガーポイントについての解説
当院で鍼灸治療を受けるメリットについて解説していきます。
 
本記事を読み終えることで、
痛みやしびれを少しでも早く解消する方法がわかります。
 

コンテンツ作成:倉橋 千夏子

名古屋トリガーポイント鍼灸院 鍼灸師

【資格】鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師

【経歴】鍼灸マッサージ師免許取得後、名古屋トリガーポイント鍼灸院にて勤務。

トリガーポイント治療・エコーを使った安心安全効果的な鍼治療を行っております。


 

コンテンツ監修:斉藤 究

さいとう整形外科リウマチ科 院長、日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会専門医、日本内科学会会員

 
 

上腕二頭筋長頭腱炎とは

 
上腕には上腕二頭筋という
いわゆる「力こぶ」の筋肉があります。
 
上腕二頭筋は「長頭」と「短頭」の2つに分かれており、
上腕二頭筋長頭腱は
上腕骨の結節間溝(けっせつかんこう)というトンネルを通って
肩甲骨に付着しています。
 
 
上腕二頭筋長頭腱炎
(じょうわんにとうきんちょうとうけんえん)
(Biceps tendinitis , Long head of biceps tendinitis)とは
 
使いすぎなどにより、
上腕二頭筋長頭腱と結節間溝において摩擦が生じ、
炎症や痛みが生じる疾患です。
 
 
上腕二頭筋長頭腱炎を発症すると
 
  • 肩の前方に痛みを生じる
  • 肩関節の可動域制限が生じる

 

といった症状が出るため、日常生活に悪影響を及ぼします。

 

上腕二頭筋長頭腱炎の原因

 

 

上腕二頭筋長頭腱は

狭いトンネルを通っているため、

摩擦ストレスを受けやすくその結果、炎症が起こりやすい部位です。

 

特に、

 

  • 力仕事
  • テニス
  • 野球
  • バレーボール
  • 筋力トレーニング

 

などをしている方などは

日頃から肩をよく使い摩擦ストレスが多いことから、

上腕二頭筋長頭腱炎の発症リスクが高いです。

 

また、摩擦ストレスが増加する原因には

上腕骨頭の前方変位

肩関節の後方組織の拘縮による内旋制限などにより

上腕二頭筋長頭腱が

伸張してしまうことなどが挙げられます。

 

そのため、

上腕骨頭の位置や

肩関節の後方軟部組織の伸長性を確認して、治療することが必要になります。

 

上腕二頭筋長頭腱炎とトリガーポイントについて

 

名古屋市名東区一社にある名古屋トリガーポイント鍼灸院では、

上腕二頭筋長頭腱炎となりうるトリガーポイントの治療を行っております。

 

トリガーポイントとは、

こりが酷くなり、痛みセンサーが過敏化してしまっている状態のことを言い

指圧をするとズーンと響くような痛みがあったり、

押した場所から離れた部位まで痛みが響いたりするポイントのことを言います。

 

このように押した場所から

離れた箇所に痛みが響くことを、筋肉の関連痛と言います。

 

トリガーポイントが存在する場合、

普段感じている痛みが再現される又は、

同じことをしているのに他の場所よりも痛みが強く感じます

 

トリガーポイントによっても

上腕二頭筋長頭腱炎と同じような症状を感じることがあります。

その場合、

エコー・力を入れる・指で押す・ストレッチをかける等の各検査を行うことで、

あなたの上腕二頭筋長頭腱炎の

本当の原因となっている部位(トリガーポイント)を正確に特定することができます

 

上腕二頭筋

 

 《トリガーポイント(✖印)、痛みを感じる部分(赤色)

画像引用:The Trigger Point & Referred Pain Guide

 

上記は上腕二頭筋のトリガーポイントです。

上腕二頭筋長頭腱炎で痛みが出る

肩の前面にトリガーポイントによる痛みを出します。

 

トリガーポイントにふれると

「痛いのはそこです!!!」といったような

再現痛が出ることがあります。

 

名古屋トリガーポイント鍼灸院では

そのようなトリガーポイントに対して

主にトリガーポイント鍼治療を行うことで

こりによる不快感を軽減しております。

 

棘下筋

トリガーポイント(✖印)、痛みを感じる部分(赤色)

画像引用:The Trigger Point & Referred Pain Guide

 

上記は棘下筋のトリガーポイントです。

棘下筋も上腕二頭筋長頭腱炎で痛みが出る

肩の前面にトリガーポイントによる痛みを出します。

 

上腕二頭筋長頭腱炎の治療方法

 

 

上腕二頭筋長頭腱炎の原因となる筋肉などに対して治療を行います。

 

詳細な部位に関しては超音波画像診断装置(エコー)を用いて、

ミリ単位でこりを狙います

凝っている場所に直接鍼でアプローチすることで、

局所の血流改善を起こし、こりの不快感自体を変えていきます。

 

上腕二頭筋長頭腱炎こそ筋肉・筋膜・トリガーポイントのアプローチを

 

 

「マッサージじゃ良くならないし、どうしたら良いか悩んでいました」

当院にはそんな患者様も多く見られます。

 

名古屋市名東区一社にある名古屋トリガーポイント鍼灸院では

筋肉の専門家である鍼灸師

エコーを用いた検査や可動域検査、問診などをしっかり行い、

今までわからなかった痛みの原因を探していきます

 

お一人お一人にあわせた治療プランで

上腕二頭筋長頭腱炎を私たちと一緒に治していきましょう!

 

少しでも辛いなと感じる方は、症状が酷くなる前に

当院のトリガーポイント治療をお試し下さい!

 

名古屋トリガーポイント鍼灸院へのご予約・お問い合わせ

 

 

 

 

ホームに戻る

名古屋トリガーポイント鍼灸院について詳しくはこちら

 

はじめての方へ

システム・料金について 詳しくはこちら

 

メニュー・料金

当院のセラピストについて詳しくはこちら

 

スタッフ紹介

 

 

 


名古屋市名東区一社駅から徒歩1分!土日祝日も営業している整形外科医監修の鍼灸院

肩こり、腰痛、ヘルニアなど痛みやしびれでお困りなら名古屋トリガーポイント鍼灸院までご相談ください

電話予約・お問い合わせ 052-753-3231


 

 

 

当院は筋肉による神経圧迫の改善をすることで、頚椎症性神経根症の改善を行います

 

はじめに

頚椎症性神経根症は、頚部から手にかけての痛みや痺れを引き起こし、仕事や生活の質を著しく低下させてしまいます。

発症初期は頚部や背部の痛みといった症状ですが、そのうち手の痺れや、筋力低下といった症状を起こす疾患です。

そのまま症状を放置してしまうと、筋肉の萎縮や、神経線維の変性が起こり難治性になってしまいます。

症状がひどくなる前に、早期の治療を行いましょう。

 

こんなお悩みはございませんか?

・頚から腕にかけての痛み・しびれ

・後ろに頚を倒すと痛い、しびれる

・腕や手の力が入りにくい

・痛み、痺れで夜寝られない(症状が強いので早期の治療をおすすめします)

 

この記事を書いたスタッフ資格・略歴

 

この記事を書いた鍼灸師

コンテンツ作成:髙橋 健太

名古屋トリガーポイント鍼灸院 鍼灸師

【資格】鍼灸師、コアコンディショニングトレーナー

【主な学会発表歴】

第72回全日本鍼灸学会「片頭痛における頭蓋周囲筋の鍼治療が有効であった一症例」

第51回日本頭痛学会「頭蓋周囲筋へのトリガーポイント鍼治療により頸椎可動域及び片頭痛を改善した一症例」

【経歴】鍼灸免許取得後、名古屋トリガーポイント鍼灸院にて勤務。

 

監修医師

コンテンツ監修:斉藤 究

さいとう整形外科リウマチ科 院長、日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会専門医、日本内科学会会員

 

頚椎症性神経根症とは

 

頚椎症性神経根症とは、加齢変化に伴い、椎間板の膨隆や骨のとげが形成されてしまい、神経根(主に腕の筋肉や感覚をつかさどる神経の根本)を圧迫することで

頚から腕の痛みや痺れを引き起こす症状です。

頚を後ろに倒すと、神経根への圧迫が強くなり、痛みや痺れが強くなることがあります。

(参考:頚椎症性神経根症. 公益社団法人日本整形外科学会

 

頚椎症性神経根症とトリガーポイントについて

 

頚椎症性神経根症は、椎間板や骨棘による神経根の圧迫が引き起こす症状ですが

筋肉による神経の圧迫や、筋トリガーポイントが併発することで、症状が悪化してしまうことがあります。

そのため、筋肉へのトリガーポイント鍼治療を行うことで、痛みや痺れが改善することがあります。

 

また、筋トリガーポイントへの鍼治療を行うことで、神経根の血流が改善し、痛み・痺れを改善させます。

筋トリガーポイント治療でなかなか改善されない場合は、神経根への電気鍼治療を行うことで、治療効果が高くなります。

 

筋肉による神経の圧迫

 

痛みや痺れなどの神経症状が出てしまっている患者さんの神経の圧迫は、一箇所ではなく、複数箇所で起こっていることが多いと言われています。(A J Wilbourn., Neurology., 1997)

神経根の圧迫があっても、筋肉による神経の圧迫を治療することで症状の改善が期待できます。

 

筋トリガーポイントの治療

✕印:トリガーポイント

赤色のマーク:トリガーポイントが引き起こす関連痛部位(濃い部分ほど関連痛が起こりやすい部位)

画像引用:The Trigger Point & Referred Pain Guide

 

神経症状に隠れて、筋肉のトリガーポイントが引き起こす関連痛が、症状を悪化させてしまっていることがあります。

上の図は、腕に関連痛を引き起こす筋肉の一例を載せています。

このような、関連痛を引き起こしている筋肉の治療を行うことも必要になってきます。

 

神経根パルス

 

筋肉に対する鍼治療を行うことで、神経根の血流が改善すると言われています。(Inoue et al.,Evid Based Complement Alternat Med.,2008)

しかし、症状が強い患者では、それだけでは改善されないこともあります。

その場合は神経根の電気鍼治療(神経根パルス)を行うことで改善する確率が高くなると言われています。

治癒:頚を後ろに倒したときの痛み、痺れの消失

改善:頚を後ろに倒したときの痛み、痺れの軽減

(坂井友美ら.,日温気物医誌67巻2号., 2004)

 

まだまだ、神経根パルスの研究は多くないのですが

過去の研究では、難治症例に対して神経根パルス行うことで、改善率が上がったという報告があります。

筋肉の治療で大きな改善が見られなかった場合は、神経根パルスを行うことがあります。

 

実際の頚椎症性神経根症患者さんの口コミ

 

 

首と肩の痛み、右手のしびれがひどく、施術をお願いしました。
鍼治療は初めてでしたが、とても丁寧に説明、施術していただき、安心しました。
痛みやしびれがなぜ起きているのか、なぜこの治療をするのか、タブレット端末を使いながら筋肉や神経の仕組みを説明してもらえたので、とてもわかりやすかったです。ずっと担当の先生が代わらないのも安心でした。

痛みやしびれは頑固でしたが、4ヶ月ほど通院して、すっかりなくなり、趣味の登山やトレランにも復帰できました!
日々の姿勢やストレッチも教えていただいたおかげです。また身体のメンテとして、お世話になりたいです。

 

ご予約はこちらから

 

初診予約はLINE、またはお電話にて受け付けております。

 

ご予約・お問い合わせ

愛知県名古屋市名東区一社2-3
名東一社ビル1階

電話インターネット予約
LINEインターネット予約
【急募】受付スタッフ募集
交通事故治療について
スタッフのブログ
問診票ダウンロード
鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」

カレンダー

Calendar Loading

からだの痛みセンター