名古屋県愛知市名東区一社 トリガーポイント 筋膜リリース 鍼灸 アナトミートレイン

 名古屋トリガーポイント鍼灸院

 

 

こんにちは。

名古屋市名東区「一社駅」前にある

名古屋トリガーポイント鍼灸院(名古屋市 名東区)です。

 

名古屋トリガーポイント鍼灸院は、

名古屋で筋・筋膜性の痛みでお困りの方を中心に、

様々な痛みやお身体の不調に対して医学的に施術を行っている鍼灸院です。

 

今回は、ぎっくり腰についてまとめてみましたので是非ご覧くださいませ。

 

 

ぎっくり腰は

「魔女の一撃」といわれる程痛みが強く、

動かずに安静にしていると早く治ると思われがちです。

 

しかし、

動かさずにいると腰回りを中心に筋肉が固まってしまい、

「痛みが残っている」・「ぎっくり腰を繰り返す」・「腰をかばって他の場所も痛くなった」と

あまり良いことはありません。

 

では、どうしたら良いのか

ぎっくり腰に対する『治療』『考え方』を、

当院に来られた患者様の症例を交えて書いていきます。

 

ぎっくり腰とは?

 

ぎっくり腰になった時に、

身体の中で何が起きているのか実ははっきりと解明されていません。

ただ殆どの患者さんが腰回りの筋肉を触るとすごく痛がることから、

筋肉や関節の動きの悪さが関係していると考えられます。

 

当院では、

首や股関節、膝関節の動きが悪くなることにより、腰に負担がかかり発症していると考えています。

 

そのため、

当院では何をした時にぎっくり腰になったのかをお伺いをして

腰に負担がかかる原因をあぶり出し根本から治療を行います。

 

 

治療方法

 

痛みが強いため、

安静にしている方が良くなると思われがちですが、

 

実は痛くない範囲で動かした方が早く治るという研究結果もあり、

 

当院でも「ここまでなら動かしても痛くない」という可動域を大きくし、

出来るだけ普段通りに動いていただけるよう施術を行っております。

 

また、「重いものを持って腰を痛めた。」「座っている状態から急に立ち上がった」など、

痛めた際の動きをしたから腰を痛めたと思われがちです。

 

もちろん

それらの動きで腰に負荷はかかりますが、

その動きをしてもぎっくり腰にならない時や、ぎっくり腰にならない人がいます。

 

その違いは、

腰回りの関節の動きの悪さにあります!

関節の動きが悪くなり、動かせる範囲が小さくなった状態で

無理に腰を動かし過ぎると痛みになりやすいです。

 

関節の動きが悪くなる原因は、

主に関節と関節を繋いでいる筋肉の硬さが原因となります。

 

また、

そもそも腰の筋肉の硬さを引き起こす原因として、お尻の筋肉やもも裏、もも前などの

骨盤に付いている筋肉の硬さが影響している場合があります。

 

ぎっくり腰に何度もなる方は

根本の原因が解消されていない可能性があります!

 

こういったキックリ腰は腰だけでなく、

股関節周りの施術も行うとより改善が早くなります!

 

 

また、

下肢の痺れや筋力低下などの症状が出現した場合は

ぎっくり腰ではなく椎間板ヘルニアの可能性があります。

 

ヘルニアについてはこちらをご覧ください。↓

椎間板ヘルニア

 

ぎっくり腰後にしっかりとした治療を受けられず痛みが残っている

 

ぎっくり腰後の痛みが慢性的に残っている場合は、

腰回りの筋肉の緊張が取りきれていないまま固まってしまい、痛みを発しているということが考えられます。

 

このどちらの場合でも、

ぎっくり腰になった初期のうちに適切な治療を受けることが大切です!

 

 

≪当院の治療≫

 

《超音波画像診断装置(エコー)を用いた施術》

 

 

 

 

 

 

超音波画像診断装置(エコー)は

筋肉の状態を見て、炎症や肉離れなどがないか、確認することが出来る装置です。

エコーガイド下に鍼治療を行うことで、

より安全で正確な施術をすることが出来ます。

 

 

 

《低周波鍼通電装置》

 

 

 

 

 

 

 

筋肉を動かすことによって

筋肉の血流を良くして柔らかくする効果が期待されます。

鍼に電気を流して筋肉を動かす機械です。

 

電気といっても「ビリビリする感覚」はほとんどなく、筋肉がピクピクと動く感覚です。

電気を流している筋肉全体を動かすことが出来るので、

少ない刺激で広い範囲に刺激をあたえることが出来ます。

ぎっくり腰などの広範囲で筋肉が固まってしまっている時にはより効果的です!

 

 

《MYORUB(ミオラブ)》

 

 

 

 

 

 

 

筋膜リリースのツールです。痛みなく筋膜リリースする事ができ、

鍼が苦手な方でも安心して受けていただけます。

筋膜リリース効果とリラックス効果の両方の効果が期待できます。

 

特にぎっくり腰の初期は痛みが強いため、

筋肉の緊張(無意識に入ってしまう力)も強くなります。

その為、

ミオラブなどで表面の筋膜からほぐすことで痛みなく緊張をとることが出来ます。

 

 

当院では、様々な痛みの種類・場所・原因に対し

鍼やお灸、MYORUB、運動療法などを使用しています。

 

患者様のお身体の状態に合わせた治療計画を立て、

”痛みのある部位”と”痛みの原因”のどちらにもアプローチをし、

一刻も早い症状の改善を出来るよう努めております!

 

ご不明な点や症状に関しての

ご質問、ご予約は当院の公式LINEよりご連絡くださいませ!

 

ホームに戻る

名古屋トリガーポイント鍼灸院について詳しくはこちら

治療院案内

システム・料金について 詳しくはこちら

システム・料金

当院のセラピストについて詳しくはこちら

治療家紹介

 

☝お問い合わせ・ご予約は公式LINEからお願い致します☝

(お急ぎの際はお電話にてお問い合わせください。)

☝ご予約はネットからもできるようになりました☝

 

ご来院お待ちしております。

 

名古屋市名東区一社2丁目3番地 名東一社ビル1階

TEL:052-753-3231

 

営業時間

10:30〜19:00

火曜日定休(別途、学会参加やお盆・年末年始など、お休みをいただく場合がございます。)

 

安江


名古屋市名東区一社駅前、整形外科医監修の鍼灸院

名古屋トリガーポイント鍼灸院

電話予約・お問い合わせ 052-753-3231

 


関連記事》

40代 男性 繰り返すぎっくり腰

40代 女性 【ぎっくり腰/前屈みができない/座っていても痛い】

腰痛特集〜ぎっくり腰編〜

 

手の痺れ(しびれ)は神経によるものだと考える方が多いかと思います。ですが、神経以外にも筋肉性の痺れ(しびれ)や血行性の痺れなども存在します。

一言に「神経が原因です。」といっても首(神経の出口)〜手先(神経の終わり)までの通り道の間で何によってどのように神経が障害されているのかなど様々な原因が考えられます!

 

今回は、手の痺れについて当院の治療筋肉性の痺れについてまとめてみたいと思います!

 

胸郭出口症候群について

詳しくはこちらの記事を御覧ください!

https://www.triggerpoint.nagoya/wp-admin/post.php?post=4244&action=edit

 

【その痺れ本当に神経が原因ですか!?】

『しびれ』と聞くとビリビリやチクチクする、正座を長時間した後のような感覚を想像される事が多いかもしれません。

実は、患者さんの訴える「しびれ」にはいくつか種類があります。

 

①異常な感覚(ビリビリ、ジンジン、チクチク等)

②感覚麻痺(触った感じが変、触られても感じない)

③運動麻痺(勝手に動く、痙攣(けいれん)とは違う運動が起こる)

など『痺れ(しびれ)』にも様々な症状があります!

あなたの『痺れ』はどの痺れに当てはまりますか?

 

ここからはそれぞれの痺れのタイプごとに考えられる原因を説明していきます。

 

①異常な感覚(ビリビリ、ジンジン、チクチク)タイプ

この様なしびれは神経や血管が原因である可能性が高いです!

しびれを感じる部位にもよりますが、頸や肘、手首などで障害されていることが多いです。

また、糖尿病などの内科系疾患でも手指の痺れが出ることがあります。

 

②感覚麻痺(触った感じが変、触られても感じない)

感覚の異常を伴う痺れも神経性の痺れである可能性が高いです。

また、「手の平に紙を貼ったような感覚」というような異常感覚の場合には、手首や指の筋肉をほぐすことで解消される場合があります。

 

③運動麻痺(勝手に動く、痙攣(けいれん)とは違う運動が起こる)

中枢神経(脳や脊髄)が原因の場合が多いです。

命に関わるものから、薬で緩和されるものなど様々あります。

意識せずとも勝手に手足が動いたり、明らかに痙攣とは違う運動が伴うものは病院で検査することをおすすめします。

(特に、顔面の痺れと手足の感覚異常や運動障害が伴うものはすぐに病院へ行くことをおすすめします。)

 

 

【筋肉性の痺れ】

意外に思われるかもしれませんが、筋肉のトリガーポイントによっても痺れを引き起こすことがあります!

ここまでは、筋肉によって神経が圧迫された事による”神経性の痺れ”についてご紹介しました。

しびれを訴える患者さんに対して、神経の検査をしても反応がないことがあります。

 

そのような患者さんに対して、トリガーポイントとなる筋肉を押したり、負荷をかけたりすると普段感じている痺れを再現出来ることがあります!

そしてそのトリガーポイントに鍼をすると痺れが改善した。というような患者さんを何人も経験しております!

 

例えば、

(トリガーポイントと関連痛ガイドより引用)

(左:斜角筋による症状を感じる部位をく表示、右:斜角筋のトリガーポイントを✖で表示)

首の前にある斜角筋のトリガーポイントは、二の腕手の甲にまで痺れを引き起こすことがあります。

斜角筋は神経を圧迫したり牽引する要因にもなりますが、神経を圧迫していなくても斜角筋のトリガーポイントによって

手に痛みや痺れを引き起こしていることがあります。

 

 

 

   

(トリガーポイントと関連痛ガイドより引用)

(左:広背筋による症状を感じる部位をく表示、右:広背筋のトリガーポイントを✖で表示)

 

背中にある広背筋のトリガーポイントは、手先に痺れを引き起こすことがあります。

背中の筋肉が原因で肩〜手先の痺れが引き起こされているとは驚きですよね!

このように、筋肉によっても手のしびれを引き起こすことがあるので、神経の治療をしていてもあまり良くならない方は是非ご相談くださいませ!

(筋肉による手の痺れの実際の症例はこちらから

 

 

「手の痺れで困っている。」「治療を受けても改善しない…。」という方も是非お気軽にご連絡くださいませ!

 

 

ご不明な点や症状に関しての

ご質問、ご予約は当院の公式LINEより承っております!

 

 

☝公式LINEからご予約・ご相談可能です☝

☝ご予約はネットからもできるようになりました☝

 

(お急ぎの際はお電話にてお問い合わせください。)

 

ご来院お待ちしております。

 


 

≪関連ページ≫

むち打ち症(頸椎捻挫)

40代 男性 交通事故後の首の痛み  〜臨床症例集〜