名古屋県愛知市名東区一社 トリガーポイント 筋膜リリース 鍼灸 アナトミートレイン

 名古屋トリガーポイント治療院

スタッフのブログ(2019年03月)

スタッフのブログ

こんにちは!

名古屋トリガーポイント治療院の髙橋です。

 

とうとう花粉の季節になってしまいましたね。

しかし、暖かくなってきたので花粉に負けず外出しましょう!

 

最近、家の近くを散歩していたら

ひもの専門の定食屋さんができていました。

沼津市出身の私にとってはとても気になっています!

 

おもしろい発見があるかもしれません!

 

 

さて、今回は足の痛みです!

ファシアスタッフの須藤さんが

「歩いている時に右母趾が痛い」

ということで、治療をしました。

 

今回はそのことについて書きたいと思います。

 

歩くと足の親指つけ根が痛い!

今回のお困りの症状は

「①親指つけ根の痛みと、②足の外側の張り感」です。

体を動かして検査をしていくと

どうやら足の関節が固いようでした。

直角に曲がることが一杯一杯という感じでした。

 

歩き方も特徴的で指が外に向いたような歩き方をしています。

おそらく、足が外に向いているので

地面を蹴る時に親指のつけねに負担が掛かっているのかと思います。

 

②で怠さを感じていた短腓骨筋と前脛骨筋に鍼治療を行いました。

 

 

治療後

左が治療前、右が治療後です。

足首の筋肉がほぐれ、足の関節がしっかり曲がるようになっています。

そのため、下の写真のように歩き方も変わっています。

つま先がまっすぐになっているのが分かります。

 

 

歩き方がかわって親指つけ根への負担が減ったため

痛みも楽になったとのことでした!

足の外側の怠さも短腓骨筋の鍼によって楽になりました!

 

①痛い場所以外のところが治療のポイントになっていたりします。

②いくつか症状がある場合は今回のように、それらが関係し合っていることもあります。

 

なにか気になることがありましたらお気軽に症状のことをお話しくださいね。

 

暖かくなり外出する機会も増えるでしょうから

足の症状はしっかり治しておきましょう!

 

髙橋


名古屋市名東区一社駅前の鍼灸院

名古屋トリガーポイント治療院

電話予約・お問い合わせ 052-753-3231

ネット予約開始しました!↓

→インターネット予約はこちら←

 

 

こんにちは!

名古屋トリガーポイント治療院の髙橋です。

 

先日、さいとう整形外科リウマチ科院長の斉藤先生と当院の鍼スタッフで、医療従事者向けのセミナーを開催しました。

 

 

 

トリガーポイント治療とエコーについて理解が深まる良いセミナーになったかと思います。

 

エコー下での治療は最近テレビでも「最新の治療」として取り上げられていました。

私の母校でもエコーの授業がカリキュラムに新しく入ったというお話を聞きました。

最近、さまざまな所でエコーに関してのニュースを耳にしています!

 

今後エコー下刺鍼などのエコーを使った治療が主流になっていくかもしれませんね!(^-^)

私自身も日々、精進していきたいと思います。

 

さて!そんなエコーですが名古屋トリガーポイント治療院に新しいエコーが導入されました!

SNiBLE yb です!

 

当院は2人のセラピストでエコーが2台あるため

よりエコーを使った治療を提供できるようになりました!

 

治療を「見える化」することで

より的確な原因解明、患者さんへのわかりやすい説明が行えます。

 

エコーという武器を使って

皆さんの悩んでいる「痛み」を改善していきたいと思います。