名古屋県愛知市名東区一社 トリガーポイント 筋膜リリース 鍼灸 アナトミートレイン

 名古屋トリガーポイント治療院

臨床症例集(2018年06月)

治療内容及びその結果を記載した臨床症例集です。今後随時掲載していきます。

担当:高橋

 

発症は2ヶ月ほど前で、右の頚~肩~腕~中指の痛みしびれを訴えている患者さまの症例です。

病院ではヘルニアかもと言われたり、別の病院ではヘルニアではないと言われたりといった状態でした。

 

 

治療前

日常生活では、

じーとしていても首~肩、脇の後ろ、うで全体~指(特に中指)にボワーンとした痺れ。

顔を上に向けるパソコンなどで指を動かす、などの動作で症状が悪化します。

歩く時も腕を振るため痛みが出てしまいます。

 

顔を上に向ける動作の角度は30°までしか痛みのため動きませんでした。

私の場合は90°くらいまで動いています。

 

検査をしていく、多裂筋、斜角筋、棘下筋、小円筋、肩甲挙筋、上腕三頭筋、総指伸筋にトリガーポイントが見つかったため、これらの筋メインに鍼治療を行いました。

 

治療後

3診目 顔を上に向ける動作の角度 30度 → 65° 腕を動かした際の痛みはほぼ消失(パソコン、歩行など)上を向く動作ではやや痛み残存。

5診目 ペインスケール3(最初の症状を10とする)

6診目 痛み消失 上を向く動作時の痛みもなくなった。顔を上に向ける動作の角度 30°→85°

担当:高橋

 

1年前に肩関節の痛みと可動域制限を発症し、石灰沈着性腱板炎と診断された方の症例です。

その後、痛みは良くなったが、リハビリなどを1年続けても可動域が変わらないため、何とかしたいとのことで来院されました。

 

 

治療前

来院当初は、

 

手をあげる動作では、うでと耳が付かないくらいで制限がかかってしまいます。

横から手を上げさせると、肩の高さまで上がらず制限がかかっていました。(屈曲125°、外転75°)

 

そのため、日常生活では上にあるものを取れないなどの悩みがありました。

 

 

見ていくと外旋、内旋角度も小さく

外旋、内旋に関係する筋肉に圧痛が著明でした。

下の図は外旋、内旋の図です。

  

手を上に挙げる際、わきの下のつっぱりもありました。

 

棘下筋、小円筋、肩甲下筋、大円筋、大胸筋

中心に鍼灸治療を行いました。

 

治療後

1回目の治療後、屈曲125°→130°、外転75°→90° まで変化しました。

8回目でほぼ左右差なく手を挙げられるようになっています。

 

 

長期間動かさずにいると筋肉は固まってしまいます。固まった筋肉は痛みの原因となるトリガーポイントを作ってしまいます。

このような症状の方ぜひ一度ご相談ください。

→インターネット予約はこちら←

 

 

高橋