名古屋県愛知市名東区一社 トリガーポイント 筋膜リリース 鍼灸 アナトミートレイン

 名古屋トリガーポイント治療院

臨床症例集(2018年01月)

治療内容及びその結果を記載した臨床症例集です。今後随時掲載してゆきます。

2018年01月06日(土)

右奥歯の痛みでいくつか医療機関に通ったが原因が分からず来院された方です。筋筋膜へのアプローチにより1回で著効を示した症例です。

担当:高橋

項目 内容
年齢・性別  40代・女性
職業  自営業
主訴 右奥歯の痛み
現病歴 3か月前から右奥歯にズンズンした痛み。歯科に行ったが虫歯は無く、耳鼻科などにも通ったが異常なし。ネット等で調べたところ筋筋膜の痛みではないかと思い来院。
治療内容 日常生活では、寝ている時、ナッツなど固いものを噛むときに顎関節の奥に痛み。

開口時、下顎骨が左に側方移動し、右顎関節の動きが遅延。

外側翼突筋へ刺鍼時、認知覚出現。

外側翼突筋の筋筋膜性の痛みと想定し、同部位とその他咀嚼筋を中心に鍼施術を行った。

経過 2診目 ほぼ痛み消失。たまに強く噛み締めた時にキリッとした痛みが残存。

2診目終了後 痛み消失

右股関節外旋時の可動域制限と痛みが主訴の症例です。Patrick test 陽性でしたが筋筋膜の治療により改善した症例です。

担当:高橋

項目 内容
年齢・性別  40代・女性
職業  会社員
主訴 右股関節痛
現病歴 半年前にあぐらをかいて座ることが出来ないことに気が付き、整体や鍼灸にも通うが著変なし。股関節外旋動作で股関節前面、臀部の奥の方が痛い。レントゲンでは異常なし。
治療内容 痛みの質は鈍痛

日常生活では、椅子に座位時右足を上に足を組む、あぐら等股関節外旋の動きで痛み。

Patrick test L(-)R(+)

ROM : 股関節 外旋(passive) L 50°  R 35°

小殿筋前部線維、腸腰筋、大殿筋に圧痛著明。

小殿筋前部線維、腸腰筋、大殿筋中心に股関節内、外旋筋を鍼治療。

 

経過 4診目 あぐらが何とか出来るようになった。踵と座骨結節を離して股関節外旋をすると痛み

8診目 ROM:股関節 外旋(Passive) L 50° R 50°

9診目 あぐらは可能

11診目 Patrick test L (-) 床から腓骨頭までの距離12㎝ R 最終可動域でやや痛み 床から腓骨頭までの距離12㎝

一旦治療終了、別部位の治療に移行