名古屋県愛知市名東区一社 トリガーポイント 筋膜リリース 鍼灸 アナトミートレイン

 名古屋トリガーポイント治療院

臨床症例集(2017年02月)

治療内容及びその結果を記載した臨床症例集です。今後随時掲載してゆきます。

 

3年前、右膝に鵞足炎を発症し、お仕事中に痛みが出ていましたが、最終的に痛みなく日常を過ごすに至った症例です。

担当:前村

項目 内容
年齢・性別 32歳 女性
職業 楽器奏者
主訴 右膝関節痛
現病歴 三年前に右膝が鵞足炎になり、整形外科で治療。一度は治ったが今年7月中旬に右の足首を捻挫した際に膝にも痛みが出てきた。
さいとう整形にてトリガーポイント注射を行っており、三日間くらいは楽だが、その後痛みが戻ってくる。職業上屈伸をするような姿勢が多いので、その時に痛む。
治療内容  

初診時、腫脹・熱感ともになし。外反ストレステスト陽性。大腿内側に圧痛あり。

 

腫脹・熱感ともに見られなかったため、痛みの元である内側側副靭帯をはじめ、膝関節周囲、大腿内外側にあるトリガーポイントを刺激した。

加えて内側側副靱帯にお灸治療を追加した。

経過 2診目 ペインスケール:3(初回を10とする)

3診目 痛くなることが減った。

4診目 痛みなく仕事ができるようになった。治療終了。