名古屋県愛知市名東区一社 トリガーポイント 筋膜リリース 鍼灸 アナトミートレイン

 名古屋トリガーポイント治療院

臨床症例集(2016年10月)

治療内容及びその結果を記載した臨床症例集です。今後随時掲載してゆきます。

2016年10月15日(土)

 

4ヶ月前に遠出をし痛めた膝痛です。炎症を起こし腫れていましたが、最終的に降りれなかった階段を降りれるようになり、小走りできるまでに至った症例です。

担当:山崎

項目 内容
年齢・性別 84歳 女性
職業 無職
主訴 右膝関節痛
現病歴 4ヶ月前に長野県へ行ってから右膝の痛みを自覚し始めた。寒かったのと疲れが原因と。近医にて水を抜いたりマッサージ、電気治療、薬物療法を行ってるが痛みが残存するため当院来院。
治療内容  

初診時、熱感と腫脹あり。膝内側の痛みがあり、外反ストレステスト陽性。大腿内側の圧痛あり。階段を降りる時痛みが強く降りられない。

 

初めは炎症所見も認められた為、炎症を助長させないように痛みの元の内側側副靱帯に浅めの刺鍼。加えて大腿内側にあるトリガーポイントを刺激した。

炎症所見が落ち着いたのち、内側側副靱帯にお灸治療を追加した。

経過 2診目 ペインスケール:5(初回を10とする)

5診目 腫脹が無くなった

11診目 ペインスケール:2、階段を降りることができるようになった

14診目 小走りできるようになった。治療終了。