名古屋県愛知市名東区一社 トリガーポイント 筋膜リリース 鍼灸 アナトミートレイン

 名古屋トリガーポイント治療院

先日「たけしの家庭の医学」というテレビ番組で「上殿皮神経障害」の事が取り上げられたそうです。

 

上殿皮神経とは腰から腸骨(骨盤)の上を通って殿部に分布する神経で痛みなどを伝える知覚神経です。(下図の赤丸部)

 

上殿皮神経

 

この神経は腸骨の上端のすぐそばを通過するため、その骨が壁となり外部からの機械的な刺激を受けやすいと考えられます。上殿皮神経障害が生じるとおしりの上の方に痛みやしびれが生じます。

 

私も以前2名程上殿皮神経障害と考えられる患者様に対しその神経周囲の鍼治療を行い寛解した例を経験しております。

 

それほど多い疾患ではないと思いますが、腰殿部痛の治療を行っていてなかなか改善がみられない場合は上殿皮神経障害を疑ってみてもいいかもしれませんね。

 

山崎

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

名古屋市名東区一社駅前の鍼灸院

名古屋トリガーポイント治療院

電話予約・お問い合わせ 052-753-3231

ネット予約開始しました!↓

→インターネット予約はこちら←

最後の痛みがとりきれず難渋している症例です。

仕事での動きが腰にストレスをかけている為、生活動作の指導も含め行っております。

担当:高橋

項目 内容
年齢・性別  30代 男性
職業  会社員
主訴  腰痛 (特に右腰部)
現病歴  3年前、ズボンを穿く際に急性腰痛発症。整形外科にてヘルニアと診断され、リハビリにて軽快するが、痛みが取りきれず来院。

仕事後に悪化し、腰全体~臀部にまで痛み。

治療内容 日常生活では、体感の前屈+左側屈、後屈+右回旋で痛み

kemp testにて右腰部に痛み

棘突起間の圧痛(-)

右腰方形筋、刺鍼時認知覚出現

まずは筋筋膜性の痛みと想定し腰方形筋のトリガーポイントへ刺鍼。

経過  2診目 立位時の腰の痛みペインスケール2(初診時を10とする)

動作時の痛みペインスケール8(初診時を10とする)

5診目 ペインスケール3~4 長時間立位、仕事後などはペインスケール6~7まで                 増悪。 伸展時の痛みが取りきれないため、椎間関節へ刺鍼。

7診目 ペインスケール2~6をいったり来たり。大腰筋刺鍼を追加。

14診目 治療後ペインスケール0~1

20診目 治療後、動作時の痛みペインスケール0

仕事時の動作が椎間関節に負担をかけていたため、負担の少ない動きを指                  導。

 

 

こんにちは!

久しぶりの晴天で気分も晴れやかになりましたね!

 

名古屋市名東区一社駅すぐの整形外科医監修の鍼灸院

「名古屋トリガーポイント治療院」

鍼灸師の「前田」です。

 

 

そんな私、前田は11月に行われる、

「さいとう整形外科リウマチ科」

「名古屋トリガーポイント治療院」

「リラクゼーションルームファシア」

合同のスタッフ大運動会に向け、とても張りきっております!

 

当院は併設の、

リラクゼーションルームファシアと共に、

打倒さいとう整形でがんばります!

 

 

さて、今回は先日行われた、

さいとう整形外科リウマチ科の院長

「斉藤 究 先生」が講師となっている勉強会に

当院のもう一人の鍼灸師の「高橋」と2人で参加してきましたので、

その模様をお伝えします。

 

 

 

今回参加してきた勉強会はこちらです↓

IMG_0625

(画像は日本柔整鍼灸協会HPより引用)

 

「“究塾”シリーズ3 現役整形外科医に学ぶ本物の治療家に必要な知識」の

第3回、「全身疾患と筋膜、トリガーポイント」です。

 

IMG_0621

 

講師はおなじみ、さいとう整形外科リウマチ科院長、斉藤究先生でした。

 

途中で実技も挟み、実際に体感することでより理解が深まります。

IMG_0624

これは、背中にある菱形筋という筋肉の硬さを触診して確認しているところです。

(手前で堂々と座っているのが私です、、、)

 

この後、アナトミートレインのスパイラルラインを用いて、

関係ないように思える大腿四頭筋をほぐし、変化が出ているか確かめます。

 

すると不思議な事に、硬さに変化がでているのです!

 

このような筋膜のつながりを知ることで、痛みの原因となっている場所が予測できるようになります。

 

 

今回の勉強会の内容は、実際の臨床に落とし込みやすい内容でしたので、

レベルアップした鍼灸師になった気がします。

 

いつもお会いしている先生が講師だったので、なんだか気恥ずかしいところも有りましたが、

聞いたことがある話ばかりでなく、普段聞けない様々なトピックがありとても勉強になりました。

 

また勉強会やセミナーでは、新たな出会いがあるというのも、重要なポイントですね。

この出会いだけでも参加する意義を感じます!

IMG_0619

今回の究塾、大変有意義な時間となりました。

名刺交換させていただいた先生方、ありがとうございました。

斉藤先生にはまた改めて色々教えていただきたいことばかりですが、まずは自分で勉強してみます。

 

次回も参加予定なので、またレポートさせていただきます。

次回もとても楽しみです!

 

 

究塾でレベルアップした鍼灸師がいる

名古屋トリガーポイント治療院、ネット予約もはじめました。

→インターネット予約はこちら←

こちらからもご予約お待ちしております!

 

前田

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

名古屋市名東区一社駅前の鍼灸院

名古屋トリガーポイント治療院

電話予約・お問い合わせ 052-753-3231

ネット予約開始しました!↓

→インターネット予約はこちら←

こんにちは。鍼灸師の高橋です!

 

前回、手の痺れについてのブログを書きましたが

その中で、胸郭出口症候群というワードが出てきましたので今回はそれについて書きたいと思います。

前回のブログはこちらからリンクに飛べます。→手の痺れ トリガーポイント

 

まず、胸郭出口症候群とは?

斜角筋症候群 … 前斜角筋と中斜角筋の間で腕神経叢を圧迫

肋鎖症候群 … 第一肋骨と鎖骨の間で腕神経叢を圧迫

小胸筋症候群 … 小胸筋によって腕神経叢を圧迫

これらによって手や腕に痺れのでる疾患を総称して胸郭出口症候群といいます。

 

この疾患に対しての治療ですが

当院では、検査によって原因になっている部位(神経を絞扼している部位)を確認して

原因になっている筋のリリース、神経周囲の膜のリリースを行い症状の改善を目指しています。

また、胸郭出口症候群は姿勢の影響が大きいので、自宅でできるエクササイズの指導等も行っています。

 

しかし、斜角筋や小胸筋意外の筋筋膜上のトリガーポイントが手に痺れ感を出していることも多いので

注意しながら治療をしています。

例えば、肩まわり、胸部の筋などは指の方まで痺れ様の関連痛を出すことがあります。

 

 

以前のさいとう先生のブログですが

このような症例もあるようです。こちらは筋筋膜のトリガーポイントが痺れに関わっていた症例です。

胸郭出口症候群 さいとう整形外科リウマチ科

 

 

ネットからの予約も受け付けております。是非ご利用下さい(^^)

ネット予約

 

高橋

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

名古屋市名東区一社駅前の鍼灸院

名古屋トリガーポイント治療院

予約優先 052-753-3231

 

こんにちは!

寒い日・雨の日が続いていますね。。。

 

名古屋市名東区一社駅すぐの整形外科医監修の鍼灸院

「名古屋トリガーポイント治療院」

鍼灸師の「前田」です。

 

 

本日は、

1回の治療にて、症状の改善がみられた

「左臀部痛の50代男性」

の患者様の症例をご紹介致します。

 

 

今回の患者様は、当院と提携している

「さいとう整形外科 リウマチ科」

より紹介され、当院にお越しいただいた方です。

 

(多くの患者様が、「名古屋トリガーポイント治療院」と、

提携している「さいとう整形外科」を併診してくださっています。)

 

さいとう整形外科ではトリガーポイント注射を受け、

改善するもすぐに再発してしまうとのことでした。

 

 

50代 男性 左臀部痛

 

 

当院は、自費治療となるので、

一人一人の患者様に対し、

多くの時間をかけることができます。

 

よって、痛みの原因となるトリガーポイントを、

症状から推測し、全身の関連部位までチェックした上で、

広範囲の治療が可能です。

 

 

また、注射とは違った、トリガーポイント鍼治療ならではのアプローチもございます。

(近いうちにブログにてご紹介します!)

 

痛みでお困りの方・症状が広範囲な方でも、

是非一度ご来院くださいませ。

 

前田

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

名古屋市名東区一社駅前の鍼灸院

名古屋トリガーポイント治療院

電話予約・お問い合わせ 052-753-3231

ネット予約開始しました!↓

→インターネット予約はこちら←

 

 

以前から腰痛を患っており、半年以上、左の股関節・殿部痛でお悩みになっていた症例です。

中殿筋・小殿筋の起始部は痛みの原因になりやすく、この症例では重要なポイントとなりました。

トリガーポイント注射で改善するが、再発する場合、トリガーポイント鍼治療が有効な場合もあります。

担当:前田

項目 内容
年齢・性別  50代 男性
職業  電気工事士
主訴  左臀部痛
現病歴  元々腰痛を患っていた。半年以上前より腰痛の関連からか、左股関節・臀部が痛むようになった。

 

車から降りる時に金属的なカーンとした痛みが出る。

動き始めの一歩目で、体重が乗った時にも痛む。歩き出せば痛くない。

 

トリガーポイント注射で改善するも、すぐに再発するため、さいとう整形より紹介され来院。

治療内容  疼痛誘発試験にて、腰部多裂筋・腸肋筋・中殿筋・小殿筋部に収縮時痛がみられた。

同部位に圧刺激を加えると認知覚が出現。

 

 各筋・筋膜の血流・機能改善を目的とした、ミオラブによる筋膜リリース・トリガーポイント鍼治療を行った。

経過  初診時治療前:NRS 10(最大の痛みを10とする)

初診時治療後:NRS 7 特に中・小殿筋の刺鍼時に認知覚が出現。

 

初診時から3日後に症状改善。NRS 0 痛み消失。

 

2診目(1週間後):その後も痛みは出ていない。車の乗り降りも問題なし。

殿筋群を中心としたセルフケア指導を行い、経過観察。

こんにちは、鍼灸師の高橋です。

 

最近、頚肩腕症候群の臨床症例集をのせたので

今回は「手の痺れ」について書きたいと思います。

 

手や腕の痺れ原因になる疾患として、

頚椎症、胸郭出口症候群、手根管症候群などの神経絞扼障害などなど

どれにも当てはまらず、頚~手にかけて症状があるものを頚肩腕症候群といいます。

 

頚肩腕症候群ですが、筋筋膜が手の方に痺れ感を飛ばしていることが多いように思います。

下の絵は棘下筋の関連痛パターンです。

 

IMG_0428[1]

 

 

頚部や肩甲骨周囲の筋、胸部の筋は手の痺れの原因になっていることが多いので

これらを治療することで痺れが良くなるケースもあります。

 

また、神経周囲のファシア異常によっても痺れが出ることもあるので

その場合、エコーを使って神経周囲へ刺鍼していきます。

腕神経叢周囲の刺鍼(エコー下)

 

頚椎症や胸郭出口症候群など診断を受けていても

実際は筋膜や神経周囲に出来たトリガーポイントが原因で、これらの治療で良くなるケースは多いですのでぜひご相談ください。

 

ネットからの予約も受け付けております。是非ご利用下さい(^^)

ネット予約

 

高橋

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

名古屋市名東区一社駅前の鍼灸院

名古屋トリガーポイント治療院

予約優先 052-753-3231

昔痛めた肩が誘因なく激しい痛みに変わり就寝中痛みで目が覚めていましたが、1回の治療で夜間痛消失、6回の治療で肩の可動域が拡大し日常生活に殆ど支障がなくなった症例です。

 

宜しければご覧ください。

山崎

47歳 男性 左肩関節痛

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

名古屋市名東区一社駅前の鍼灸院

名古屋トリガーポイント治療院

予約優先 052-753-3231

 

昔痛めた肩が誘因なく激しい痛みに変わり就寝中痛みで目が覚めていましたが、1回の治療で夜間痛消失、6回の治療で肩の可動域が拡大し日常生活に殆ど支障がなくなった症例です。

担当:山崎

項目 内容
年齢・性別 40代 男性
職業  会社員
主訴 左肩関節痛
現病歴 約5年前、雪かきをして痛めた。病院には行かず鍼灸治療やマッサージなどを受け症状を抑えていたが、誘因なく4ヵ月前から痛みが増し2日前痛みはピークとなり、ホームページを見て来院。
治療内容 左肩に鈍痛

日常生活では、高い所の物を取れない、衣類の着脱が困難、夜間痛(一晩で2回痛みで目が覚める)、物を持ち上げる時に激痛を感じる。

肩関節可動域

右   左

屈曲 135°  170°

外転 105°  170°

 

夜間痛がある為、関節内・外の血行動態改善と閾値の正常化を目的に肩甲上神経パルスを行う。肩関節拘縮が認められ、end feel が明瞭であるが、大結節が肩峰の下をくぐる事ができているので可動域拡大を目的に積極的なモビライゼーションと関連筋群に鍼治療を行った。

 

経過 初診時から2日目から夜間痛消失。

4診目 日常生活に支障は無くなり服を着替えるのもスムーズに行える。

ただ物を持ち上げる際の痛みが残り、痛みの程度はNRS:3(初診時を10とする)

6診目 肩関節の可動域が 屈曲160°、外転120°となり、痛みも殆ど無いため治療終了。

4月の肩こり講座に引き続き、10月1日に腰痛講座が開かれました!

 

肩こりに引き続き2番目に多い疾患が腰痛!

そんな腰痛とはそもそもどんなものを指すのかという話から始まり~

特異的腰痛と非特異的腰痛など、腰痛の種類の話

red flagと言われる命に関わるような危険な腰痛とはどんなものかという話

最後に、家でできる簡単なセルフケア

 

ためになる情報が盛りだくさんな講座になったかと思います。

 

来ていただいた方は腰痛について少し詳しくなったかと思いますので

こんな講座があったよと周りの方に教えて頂けたらとおもいます!

 

半年に1回くらいのペースで一般者向けの講座を開く予定ですので

もしご興味頂けましたらご参加ください。

 

JGIC3873[1]

QKLT5917[1]

 

高橋

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

名古屋市名東区一社駅前の鍼灸院

名古屋トリガーポイント治療院

予約優先 052-753-3231