名古屋県愛知市名東区一社 トリガーポイント 筋膜リリース 鍼灸 アナトミートレイン

 名古屋トリガーポイント鍼灸院

皆さん御存知の通り、脚は普段から意識せずともよく使っています。

そんな脚に痛みがあると、仕事だけでなく日常生活にまで支障が出てしまいますよね…。

さらに、放置しておくと変形が進み手術をしなくてはならなくなってしまうリスクがあります。

 

「できれば手術は避けたい」「寝たきりにはなりたくない!」こういったお声を耳にすることが多いです!

 

なので今回は、

膝の痛みについてお話させていただきます!

 

 

膝の痛みにお悩みの方に是非試していただきたいストレッチはこちら↓

 

膝痛のセルフケアご紹介します!

 

 

【原因】

 

そもそも膝が痛くなる原因とは一体何なのでしょうか?

下の図をご覧ください。

 

《下肢を前側から見た図》Visible Bodyより図引用

 

ご覧の通り、膝周りにはたくさんの筋肉や靭帯が付いていることがわかります。

これらの筋肉や靭帯が固くなってしまったり、

片方だけ引っ張る強さが強くなってしまうとバランスが崩れ、

正常に動くことが出来なくなってしまいます。

 

そのような状態で動き続けていると、

膝の痛み変形を引き起こしてしまう可能性があります!

変形性膝関節症とは←クリック

 

痛みまで感じていない方も、痛みでお困りの方も

是非膝の状態を確認してみてください!

 

以下2つのチェック項目のうち、どちらか一つでも該当する方は

関節の動きの悪さにより膝の痛みが出ている可能性が高いです!

 

膝の状態チェック

 

膝が少しでも気になる方は、ご自身の膝の状態をチェックしてみてください!!

 

①硬さチェック!

床や平らなところに座っていただき、膝を伸ばします。

この時に、膝裏と床の間に手のひらが入ってしまわないか確かめてみましょう!

 

②可動域(動かせる範囲)チェック!

①左の写真の様にお尻とかかとを付けた状態で、

②右の写真の様に膝を地面に向けてもも前にストレッチをかけます。

地面に向かって真っすぐ伸びるか確かめてみましょう!

 

※注意

※上の写真の様に前のめりにならないように気を付けてください。

※お尻と踵(かかと)が離れてしまわないように注意してください。

 

膝の痛みが有り、なおかつ上記のチェックで

膝と地面の間に隙間が空いてしまっている方や、

もも前のストレッチで、膝が真っ直ぐ地面に向かって伸びない方は、

関節の動きに関わる筋肉靭帯の張りを取ることで、痛みも改善される可能性が高いです!

 

【当院での治療】

 

膝周りに付着する筋肉の硬さや、靭帯の張力バランスなどが関係しているとお話ししました。

 

もう少し細かくお話しすると、筋肉や靭帯の硬さにより

膝の関節が正常に動いていない

動かせる範囲が狭くなっている

ことにより、膝関節クッションの役割をしている脂肪体

にストレスがかかり痛みを引き起こしています。

 

先程の膝の状態チェックは一人でも出来る物をピックアップしましたが、

当院では、他にもいくつかの検査を行い

それら検査の結果から原因となる筋肉を絞り込みます。

 

原因となる筋肉や靭帯の張力を緩め、

膝の可動域の改善や、痛みの改善を行っております。

 

 

【トリガーポイントによる膝の痛み

 

トリガーポイントとは、

コリが酷くなり、痛みセンサーが過敏化してしまっている状態のことを言い

指圧をするとズーンと響くような痛みがあったり、

押した場所から離れた部位まで痛みが響いたりするポイントのことを言います。

 

このように押した場所から離れた箇所に痛みが響くことを、筋肉の関連痛と言います

 

トリガーポイントについて詳しくはこちら↓

トリガーポイントとは

 

トリガーポイントによっても膝に痛みを感じることがあります。

その場合、原因となる筋肉に

エコー・力を入れる・指で押す・ストレッチをかけることで見分けることができます

 

エコーについてはこちらをご覧ください↓

 

筋膜を見ながら治療をする!ーエコーガイド下鍼灸治療とはー

 

トリガーポイントが存在する場合、

普段感じている痛みが再現される又は、

同じことをしているのに他の場所よりも痛みが強く感じます

 

《大腿直筋のトリガーポイントの図》トリガーポイントと関連痛ガイドより引用

 

上の図は大腿直筋というもも前の筋肉です。

図からもわかるように

股関節にできたトリガーポイント(✖印)によって

膝蓋骨(膝のお皿)辺りに痛みを感じる事があります。

 

 

《外側広筋のトリガーポイントの図》トリガーポイントと関連痛ガイドより引用

 

外側広筋(ももの外側にある筋肉)に発生した

トリガーポイントによっても膝周りに痛みを感じることがあります。

 

この筋肉以外にも、

膝に関連痛を飛ばす筋肉はなんと約11筋もあります。

 

当院では、

上記の様に筋肉を治療することで痛みが改善されることも多く経験しております。

 

当院での治療を受けられた患者様の症例

 

54歳 男性 左膝痛 

【膝の痛み】中腰姿勢で発症した膝外側の痛み

 

32歳 女性 右膝関節痛

 

 

変形性膝関節症・膝の痛みにお悩みの方

 

当院にも変形性膝関節症や膝の痛みに悩まされている多くの方が来院されています。

 

お一人お一人にあわせた治療プランで

辛い膝の痛みを私たちと一緒に治していきましょう!

 

少しでも辛いなと感じる方は、症状が酷くなる前に

当院のトリガーポイント治療をお試し下さい!

 

 

ホームに戻る

 
名古屋トリガーポイント鍼灸院について詳しくはこちら

治療院案内

 
システム・料金について 詳しくはこちら

システム・料金

 
当院のセラピストについて詳しくはこちら

治療家紹介

 

☝公式LINEからご予約・ご相談可能です☝

☝ご予約はネットからもできるようになりました☝

(お急ぎの際はお電話にてお問い合わせください。)

 

ご来院お待ちしております。

 

 

こんにちは。名古屋トリガーポイント鍼灸院の安江です。

いよいよ梅雨に入りましたね。

 

雨の日が続くと、

出勤やお買い物など外出するのが面倒臭くなってしまいますよね。

 

気分的に落ち込みやすくなったり

やる気が無くなって色々なことが嫌になる…ということが起こりやすい時期です。

なので今回は、

身体の健康に関することではなく

”心の健康”に関する内容をご紹介したいと思います!

 

 

 

 

軽視されがちな病気

 

”うつ病”と聞くと、

「落ち込みやすくなるだけでは?」と

あまり重要視されない方が多いのではないかと思います。

 

意外と知られていませんが、

厚生労働省が

『対策に重点的に取り組むべき疾患である』としている、

5第疾患

(癌、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病、精神疾患にもうつ病は該当しています。

また、

患者数は年々増加傾向にあり、

 

世界で年間3億5000万人が患うとも言われ、

日本では100人に6人が生涯にうつ病を経験しているとも言われています。

 

先程の5第疾患の癌・脳卒中・急性心筋梗塞・糖尿病は

死亡リスクや寿命にかかわる事が広く知られています。

しかし…

「精神疾患は死亡リスクが高くない」と思われている方が多いのではないでしょうか?

 

ここからは、少し暗いお話しになってしまいますが、

重症うつ病の患者さんの

6人に1人は自殺に至ってしまう…という事も言われています。

 

また、

自殺された方の約7~9割の人が精神疾患を患っており、

なんと

その内の6~7割の人がうつ病を患っていたとのデータもあります。

これだけでも、

充分うつ病や精神疾患の重大性がご理解いただけたかと思います。

 

一度かかってしまうと治るのに

6ヶ月以上かかってしまうことが殆どなため、

かからないように普段から気を付けることが大切だと思います。

 

うつ病の意外な原因

 

「心の弱い人」「真面目すぎる人」がなりやすいと思われがちですが、

実は心が弱かったり、真面目すぎでなくてもうつ病になるリスクは抱えています。

というのも、意外な原因が2020年に発表されています!

 

このウイルスは、

幼少期にほとんどの方が患っている突発性湿疹の原因ウイルスです。

一度感染すると体内に長期間潜伏するので、

ほとんどすべての方が持っているウイルスです。

 

その原因は

”ヒトヘルペスウイルス6(HHV6)”というウイルスです。

 

疲労やストレスを感じると、

唾液の中にこのウイルスが急増し、嗅球(匂いを感じるセンサー)に感染し

嗅球や海馬(記憶に関係する部分)などの脳細胞が死に、意欲減退などの

うつ症状が引き起こされるのではないかと言われています。

 

このウイルスを多く持っている人は、

そうでない人と比べるとうつ病のリスクは12倍以上も高かったそうです!

 

また、

栄養面ホルモンバランスも大きく関係していることがわかっています。

 

【食生活の影響】

 

ビタミンB群葉酸、

DHA・EPAなどが不足している食生活だと

うつ病のリスクが上がるということが言われています。

 

ビタミンB群やDHA・EPAを多く含む食材としては、

マグロ、サバ、貝などの魚介類や豚肉、レバーなどのお肉にも含まれています。

 

また、

朝食を食べないことが多い方もリスクが高いそうです!

朝起きてから日光30分程をしっかり浴びて

(日光を浴びることでもうつ病のリスクが下がるという報告があります。)

朝食に青魚や魚介の入った味噌汁などを食べると効果的ですね!

 

梅雨の時期だとなかなか日差しを浴びることも難しいので、

天気のいい日に積極的に外出するようにしてみて下さい。

普段と違った行動をすることも、脳にいい刺激になりますよ😊

 

【ホルモンの影響】

 

ホルモンとは

血圧を上げたり下げたりといった身体の働きを調整してくれたり、

喜びやストレスなどの感情をコントロールしたりするなどたくさんの働きがあります。

 

その中でも、

女性ホルモン(エストロゲンやプロゲステロン)や

視床下部(ホルモンの分泌の調節機能)の働きがうつ病には大きく関わっています。

 

女性は

月経や出産、更年期などでホルモンが乱れやすいため

男性よりうつ病に罹りやすいです。

 

ホルモンは身体の中で作られているため、

その材料が不足することでも

感情のコントロールができなくなってしまいます。

そのため落ち込みやすいといった症状や、不安を感じやすくなってしまったりします。

 

そのホルモンの材料が、

先程【食生活の影響】でお伝えさせていただいた食材から摂取できます!

 

【まとめ】

うつ病は誰でも罹る可能性があり、5大疾患に入るほど重要視されている病気です。

現在もまだわからないことが多い病気ですが、

不安や落ち込みやすい以外にも様々な症状があり

最悪の場合亡くなってしまう可能性のある怖い病気です!

 

一度うつ病に罹ってしまうと、治るのに期間がかかるためかからないように日頃から予防しましょう!

予防法としては、

  • 日光を30分以上浴びる
  • ビタミンB群やDHA・EPAの摂取
  • 規則正しい生活をする
  • しっかりと睡眠を取る

以上のことを意識して、ホルモンバランスをできるだけ整えましょう!

 

うつ病のリスクを大きく上昇させる要因として

ヒトヘルペスウイルス6(HHV6)をご紹介しましたが、このホルモンが増殖する要因は結局ストレスや疲れです。

なので、ストレス発散やしっかりと休息を取るようにして下さい。

 

言葉遣いも少し意識してみてください!

  • どうしよう…。→なんとかなる
  • 疲れた→よく頑張った!

など普段使っている言葉を言い換えて自分のテンションを上げることも効果的だと思います!

うつ病の方は自分を責めてしまったり、

不安に陥りやすいので「なんとかなる」と思えなかったとしても

声に出してみることでほんの少しでも気持ちが楽になるかと思います。

 

うつ病は人によって症状も様々なため、世間的にも理解されにくい病気です。

もしご家族や会社の方がうつ病に罹ってしまい、

「どうしよう…。」「疲れた…。」と言っていたら

「なんとかなる」「よく頑張った」と声をかけてあげることも効果的だと思います。

そしてしっかりと休ませてあげて下さい。

 

梅雨やコロナなどの身の回り変化で気分がまいってしまわないように、

皆さんで声を掛け合ったり栄養に気をつけてこのつらい時期を乗り切りましょう!

 

この時期、痛みや身体の不調も重なり精神的に辛いという患者さんも多くいらっしゃいます。

そういった痛みに関することも是非一度ご相談下さい!😊

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

今後も皆様の健康のお役に立つ情報を更新していく予定です。

楽しみにしていてください!

 

ホームに戻る

 

名古屋トリガーポイント鍼灸院について詳しくはこちら

治療院案内

システム・料金について 詳しくはこちら

システム・料金

当院のセラピストについて詳しくはこちら

治療家紹介

 

 

 

☝公式LINEからご予約・ご相談可能です☝

☝ご予約はネットからもできるようになりました☝

(お急ぎの際はお電話にてお問い合わせください。)

 

 

投稿者:安江 和馬

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

名古屋市名東区一社駅前の鍼灸院

名古屋トリガーポイント鍼灸院

電話予約・お問い合わせ 052-753-3231

これまでの症状

以前から肩こりがひどく、頭痛も1週間に1〜2回程度ありました。

頭痛が出ると市販の鎮静薬を服用して対処していましたが、ここ最近頭痛の回数が増えて、鎮静薬も効かなくなり

辛くなったため来院されました。

頭痛以外にも背中のコリや、腰痛がありました。

 

普段困っていること

頭痛の出る部位:目の周り、側頭部、頭全体に広がることもある

  • ズキズキした強い痛みで寝込むことがある(1週間に1〜3回)
  • 頭痛のため料理などが作れないときもあり、家族も心配している
  • 常に重だるい頭痛もあり不快に感じる
  • 背中から腰にかけて鈍痛がある
  • 睡眠の質が悪く、疲れやすい
  • 食欲が湧かない  など

 

当院で行った鍼治療

来院ペース

1週間に1回ペース

経過

初診時:頭痛の頻度は毎日あり、鎮静薬も毎日飲んでしまう。

2診目:ズキズキした痛みは感じなくなり、寝込む日が減った。腰痛もほとんど感じなくない。

3診目:頭痛で寝込む日が減ったため、料理をしっかり作れるようになり家族も喜んでいる。

4診目:頭痛の頻度は週に3日程度にへり、鎮静薬も週1から0 回で済んでいる。腰、背中も初診時の半分以下の症状とのこと。

これまでの症状

中腰姿勢での作業が多く膝には負担がかかっているとのことです。

4年前に半月板損傷と診断され、外側半月板を手術しました。

その後一度、痛みは治まったが、中腰姿勢を続けていると再び膝外側の痛みが再発し、当院へ来院されました。

 

普段困っていること

・仕事中の中腰姿勢で膝外側が痛い

・仕事後も痛みがありアイシングをする

 

当院での治療

痛みの原因は?

膝の可動域や、その他理学検査に異常はなく、中腰姿勢を長時間続けていると痛みが出現するとのことでした。

そのため、中腰姿勢で負担の掛かる筋肉をピックアップして筋肉を触診し、圧痛を見ていくと

下の写真のように、外側広筋に圧痛を認めました。

 

外側広筋の機能とトリガーポイント

外側広筋は大腿四頭筋と呼ばれるもも前の大きな筋肉の一つで、膝を伸ばす動きに大きく関わっています。

中腰姿勢や、スクワットのような動きの時には、膝を伸ばす方向に力を入れているため

外側広筋をよく使います。

このような動きで過負荷がかかり、外側広筋にトリガーポイントができると

外側広筋のトリガーポイントは下の写真のように膝の外側に痛みを出現させます。

来院ペース

10日に1回ペース

経過

来院時 股関節外側から、ふとももの外側全体に圧痛があり、軽い指圧でも逃げるような反応(ジャンプサイン)が見られた

3診目 ペインスケール(最初の症状を10とする)10→6

5診目 ペインスケール(最初の症状を10とする)10→4

中腰姿勢はでは膝蓋骨の少し上に痛みがある程度に改善。仕事後の痛みも忙しいと少し感じる程度に改善。

8診目 問題なく中腰姿勢ができるようになり治療終了。その後1ヶ月経っても再発はありませんでした。

緊急事態宣言期間の営業について – お知らせ

 

緊急事態宣言期間の営業について

 

新型コロナウイルス対策として、ご来院される患者さまにお願いがございます。

緊急事態宣言期間中、当院は医療機関として十分に感染予防対策をした上で通常通り営業させて頂きますが、

ご来院される患者様に3つ程お願いがございますので、そちらを守っていただけるようお願い申し上げます。

 

お願い

 

  1. 当院入り口にアルコール消毒を設置していますので、ご来院の際は手指消毒をお願い致します。
  2. マスク着用にてご来院いただき、仰向けの施術の際もマスク着用をお願い致します。
  3. 発熱や咳のある方はご来院をお控えください。

 

以上の3つを守っていただきますようお願い申し上げます。

 

当院の新型コロナウイルス対策ついて

 

なお、当院では新型コロナウイルス感染予防対策として以下の取り組みを実施しています。

 

  • 患者様含め、出入り口での手指消毒の徹底
  • 施術者のマスクの着用
  • 使用ごとのベッドタオル等のタオル交換、枕やベッドの消毒の徹底
  • 換気の徹底(空気清浄機使用)
  • 出勤前にスタッフの検温(37.5°以上の場合自宅待機とします。)
  • 施術中の会話は最小限にさせていただいております。
  • 施術は仰向けを避け、横向きや、うつ伏せでおこなっております。

 

 

また、今後の状況変化に伴う変更等の情報は、引き続き当ホームページにてご案内させて頂きます。

ご不明な点等が御座いましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

ご迷惑をお掛け致しますがご協力のほど、よろしくお願い致します。

 

 


名古屋市名東区一社駅前、整形外科医監修の鍼灸院

名古屋トリガーポイント鍼灸院

電話での予約・お問い合わせ → 052-753-3231

 

 

 

なかなか改善しない「肩こり」

 

「20年以上肩こりです、、、」

「肩こりが酷くたまに頭痛もきます、、、」

そんな患者様が当院にも多く来院されています。

実際の症例です➝ひどい肩こり・頭痛

五十肩後のひどい肩こり、頭痛 担当:高橋

 

肩こりだけでなく、

手にしびれがあるなら胸郭出口症候群かもしれません。

胸郭出口症候群

 

色々な対処法を試されても、なかなか改善しない肩こり。

改善しない原因は大きく分けて2つあると考えています。

 

①そもそも凝っている筋肉に届いていない。

 

肩こりの原因となっている「頭を支える筋肉」。

 

浅い所から、深いところまで、

首や肩には様々な筋肉が存在しています。深いところでは3−4センチ。

このような深い筋肉にもコリはできます

 

あなたが辛い!と思われているコリに、

マッサージや電気などの効果が実際には「届いていない」かもしれません。

 

 

②不良姿勢で固まってしまい、良い姿勢が取れない。

 

いざ、良い姿勢を取ろうとしても、

そもそも良い姿勢が取りづらい場合もあります。

 

筋肉の緊張やコリによって、関節の可動域が悪くなっている場合、

姿勢矯正などで一時的に良い姿勢を作ったとしても、

元に戻ってしまう事が懸念されます。

 

 

当院のエコーガイド下鍼治療・トリガーポイント鍼治療でのアプローチ

凝っている筋肉に直接アプローチ

 

当院では、姿勢のチェックだけでなく首や肩などの可動域を確認し、

コリがある筋肉を特定していきます。

 

詳細な部位に関しては超音波画像診断装置(エコー)を用いて、

ミリ単位でコリを狙います

筋膜を見ながら治療をする!ーエコーガイド下鍼灸治療とはー

 

 

凝っている場所に直接鍼でアプローチすることで、

局所の血流改善を起こし、コリの不快感自体を変えていきます。

 

根本的な姿勢や動作にアプローチ

 

上記のようにコリに対して、

直接、正確に鍼でアプローチすることで症状の変化が見られることが多いのですが、

このままでは元に戻ることが予想されます。

 

肩コリは、日常での不良姿勢や繰り返しの動作による

首肩の筋肉へのストレスが主原因の場合が多いです。

 

そのため、

不良姿勢や繰り返しの動作で固くなった筋肉や関節の動きにアプローチし、

良い姿勢を楽に取れるような体づくりを目指します。

 

 

また、患者様一人一人に対してのヒアリングを通して、

日常生活でできるセルフケアアドバイスもさせていただきます。

 

 

肩こりこそ、筋肉・筋膜・トリガーポイントのアプローチを

 

肩こりは軽視されがちな症状かもしれません。

しかし、首コリや肩コリが続くと頭痛や肩の痛みにもつながる場合があります。

緊張型頭痛

 

「痛くないから病院には行かないし、でもマッサージじゃ良くならないし、どうしたら良いか悩んでいました」

当院にはそんな患者様も多く見られます。

 

当院では

筋肉の専門家である鍼灸師

エコーを用いた検査や可動域検査、問診などをしっかり行い、

今までわからなかった痛みの原因を探していきます

 

お一人お一人にあわせた治療プランで

辛い膝の痛みを私たちと一緒に治していきましょう!

 

少しでも辛いなと感じる方は、症状が酷くなる前に

当院のトリガーポイント治療をお試し下さい!

 

 

ホームに戻る

 
名古屋トリガーポイント鍼灸院について詳しくはこちら

治療院案内

 
システム・料金について 詳しくはこちら

システム・料金

 
当院のセラピストについて詳しくはこちら

治療家紹介

 

☝公式LINEからご予約・ご相談可能です☝

☝ご予約はネットからもできるようになりました☝

(お急ぎの際はお電話にてお問い合わせください。)

 

ご来院お待ちしております。

前田


名古屋市名東区一社駅前、整形外科医監修の鍼灸院

名古屋トリガーポイント鍼灸院

電話予約・お問い合わせ 052-753-3231

 

関連記事

五十肩後のひどい肩こり、頭痛 担当:高橋

肩こりのエコーを用いた治療

 


エコーガイド下 トリガーポイント鍼治療で辛い”痛み”を改善します


エコーガイド下 トリガーポイント鍼治療とは?

当院では、超音波診断装置(エコー)用いて鍼治療を行います。

超音波診断装置(エコー)とは、妊婦さんのおなかの中の赤ちゃんを見る時に使われる機械ですが

近年ではリハビリや鍼治療でも使われるようになってきました。

鍼治療に超音波診断装置(エコー)を使うことでたくさんメリットがあります。

 

患者さんのお悩み

鍼治療を受ける患者さんから、このような声を耳にすることが多々あります。

皆様もこのように思ったことはございませんか?

 

  • 鍼治療って安全なの?
  • 初めての鍼はちょっと怖い
  • 筋肉の説明をされても理解しづらい
  • 私の痛み原因はどこなの?

 

鍼って聞くと少し怖いイメージがあったり、専門家の説明はなんだか難しい印象があったり

そんな経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか?

この悩みが解消されたら、鍼やってみよう!という気持ちに少し近づくのではないでしょうか?

 

体の中を”見る”ことで、不安や難しいイメージを解消できるかもしれません。

体の中を”見る”ことができるエコーガイド下鍼灸治療のメリットをお示しします。

 

メリット① 安心・安全の鍼治療を提供できます。

鍼灸治療は国家資格を持った鍼灸師が行うため、安全な治療方法です。

当院では、体の内部をエコーで確認しながら鍼治療を行うため、より安心・安全な鍼治療を提供することが出来ます。

 

メリット②痛みの原因筋肉を”見て”理解できます。

エコーがあることで、痛みの原因となっている筋肉を画像で”見る”ことができます。

筋肉の専門家とエコー画像を見ることで、自分の症状の原因となっている筋肉を知ることができます。

 

一度当院へご相談ください。

  • 慢性のコリに鍼灸治療をやってみたいけど、すこし不安
  • 自分の痛みの原因を理解したい
  • どこに行ってもなかなか治らない痛みで困っている  などなど

是非、一度当院へご相談くださいませ。お役に立てるよう、最善を尽くしたいと思います。

ご予約はこちらから

LINE予約はこちらをクリック

 

名古屋市名東区一社2丁目3番地 名東一社ビル1階

TEL:052-753-3231

 

営業時間

10:30〜19:00

火曜日定休(別途、学会参加やお盆・年末年始など、お休みをいただく場合がございます。)

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

名古屋市名東区「一社駅」前にある

名古屋トリガーポイント鍼灸院(名古屋市 名東区)です。

 

名古屋トリガーポイント鍼灸院は、

名古屋で筋・筋膜性の痛みでお困りの方を中心に、

様々な痛みやお身体の不調に対して医学的に施術を行っている鍼灸院です。

 

今回は、ぎっくり腰についてまとめてみましたので是非ご覧くださいませ。

 

 

ぎっくり腰は

「魔女の一撃」といわれる程痛みが強く、

動かずに安静にしていると早く治ると思われがちです。

 

しかし、

動かさずにいると腰回りを中心に筋肉が固まってしまい、

「痛みが残っている」・「ぎっくり腰を繰り返す」・「腰をかばって他の場所も痛くなった」と

あまり良いことはありません。

 

では、どうしたら良いのか

ぎっくり腰に対する『治療』『考え方』を、

当院に来られた患者様の症例を交えて書いていきます。

 

ぎっくり腰とは?

 

ぎっくり腰になった時に、

身体の中で何が起きているのか実ははっきりと解明されていません。

ただ殆どの患者さんが腰回りの筋肉を触るとすごく痛がることから、

筋肉や関節の動きの悪さが関係していると考えられます。

 

当院では、

首や股関節、膝関節の動きが悪くなることにより、腰に負担がかかり発症していると考えています。

 

そのため、

当院では何をした時にぎっくり腰になったのかをお伺いをして

腰に負担がかかる原因をあぶり出し根本から治療を行います。

 

 

治療方法

 

痛みが強いため、

安静にしている方が良くなると思われがちですが、

 

実は痛くない範囲で動かした方が早く治るという研究結果もあり、

 

当院でも「ここまでなら動かしても痛くない」という可動域を大きくし、

出来るだけ普段通りに動いていただけるよう施術を行っております。

 

また、「重いものを持って腰を痛めた。」「座っている状態から急に立ち上がった」など、

痛めた際の動きをしたから腰を痛めたと思われがちです。

 

もちろん

それらの動きで腰に負荷はかかりますが、

その動きをしてもぎっくり腰にならない時や、ぎっくり腰にならない人がいます。

 

その違いは、

腰回りの関節の動きの悪さにあります!

関節の動きが悪くなり、動かせる範囲が小さくなった状態で

無理に腰を動かし過ぎると痛みになりやすいです。

 

関節の動きが悪くなる原因は、

主に関節と関節を繋いでいる筋肉の硬さが原因となります。

 

また、

そもそも腰の筋肉の硬さを引き起こす原因として、お尻の筋肉やもも裏、もも前などの

骨盤に付いている筋肉の硬さが影響している場合があります。

 

ぎっくり腰に何度もなる方は

根本の原因が解消されていない可能性があります!

 

こういったキックリ腰は腰だけでなく、

股関節周りの施術も行うとより改善が早くなります!

 

 

また、

下肢の痺れや筋力低下などの症状が出現した場合は

ぎっくり腰ではなく椎間板ヘルニアの可能性があります。

 

ヘルニアについてはこちらをご覧ください。↓

椎間板ヘルニア

 

ぎっくり腰後にしっかりとした治療を受けられず痛みが残っている

 

ぎっくり腰後の痛みが慢性的に残っている場合は、

腰回りの筋肉の緊張が取りきれていないまま固まってしまい、痛みを発しているということが考えられます。

 

このどちらの場合でも、

ぎっくり腰になった初期のうちに適切な治療を受けることが大切です!

 

 

≪当院の治療≫

 

《超音波画像診断装置(エコー)を用いた施術》

 

 

 

 

 

 

超音波画像診断装置(エコー)は

筋肉の状態を見て、炎症や肉離れなどがないか、確認することが出来る装置です。

エコーガイド下に鍼治療を行うことで、

より安全で正確な施術をすることが出来ます。

 

 

 

《低周波鍼通電装置》

 

 

 

 

 

 

 

筋肉を動かすことによって

筋肉の血流を良くして柔らかくする効果が期待されます。

鍼に電気を流して筋肉を動かす機械です。

 

電気といっても「ビリビリする感覚」はほとんどなく、筋肉がピクピクと動く感覚です。

電気を流している筋肉全体を動かすことが出来るので、

少ない刺激で広い範囲に刺激をあたえることが出来ます。

ぎっくり腰などの広範囲で筋肉が固まってしまっている時にはより効果的です!

 

 

《MYORUB(ミオラブ)》

 

 

 

 

 

 

 

筋膜リリースのツールです。痛みなく筋膜リリースする事ができ、

鍼が苦手な方でも安心して受けていただけます。

筋膜リリース効果とリラックス効果の両方の効果が期待できます。

 

特にぎっくり腰の初期は痛みが強いため、

筋肉の緊張(無意識に入ってしまう力)も強くなります。

その為、

ミオラブなどで表面の筋膜からほぐすことで痛みなく緊張をとることが出来ます。

 

 

当院では、様々な痛みの種類・場所・原因に対し

鍼やお灸、MYORUB、運動療法などを使用しています。

 

患者様のお身体の状態に合わせた治療計画を立て、

”痛みのある部位”と”痛みの原因”のどちらにもアプローチをし、

一刻も早い症状の改善を出来るよう努めております!

 

ご不明な点や症状に関しての

ご質問、ご予約は当院の公式LINEよりご連絡くださいませ!

 

ホームに戻る

名古屋トリガーポイント鍼灸院について詳しくはこちら

治療院案内

システム・料金について 詳しくはこちら

システム・料金

当院のセラピストについて詳しくはこちら

治療家紹介

 

☝お問い合わせ・ご予約は公式LINEからお願い致します☝

(お急ぎの際はお電話にてお問い合わせください。)

☝ご予約はネットからもできるようになりました☝

 

ご来院お待ちしております。

 

名古屋市名東区一社2丁目3番地 名東一社ビル1階

TEL:052-753-3231

 

営業時間

10:30〜19:00

火曜日定休(別途、学会参加やお盆・年末年始など、お休みをいただく場合がございます。)

 

安江


名古屋市名東区一社駅前、整形外科医監修の鍼灸院

名古屋トリガーポイント鍼灸院

電話予約・お問い合わせ 052-753-3231

 


関連記事》

40代 男性 繰り返すぎっくり腰

40代 女性 【ぎっくり腰/前屈みができない/座っていても痛い】

腰痛特集〜ぎっくり腰編〜

 

手の痺れ(しびれ)は神経によるものだと考える方が多いかと思います。ですが、神経以外にも筋肉性の痺れ(しびれ)や血行性の痺れなども存在します。

一言に「神経が原因です。」といっても首(神経の出口)〜手先(神経の終わり)までの通り道の間で何によってどのように神経が障害されているのかなど様々な原因が考えられます!

 

今回は、手の痺れについて当院の治療筋肉性の痺れについてまとめてみたいと思います!

 

胸郭出口症候群について

詳しくはこちらの記事を御覧ください!

https://www.triggerpoint.nagoya/wp-admin/post.php?post=4244&action=edit

 

【その痺れ本当に神経が原因ですか!?】

『しびれ』と聞くとビリビリやチクチクする、正座を長時間した後のような感覚を想像される事が多いかもしれません。

実は、患者さんの訴える「しびれ」にはいくつか種類があります。

 

①異常な感覚(ビリビリ、ジンジン、チクチク等)

②感覚麻痺(触った感じが変、触られても感じない)

③運動麻痺(勝手に動く、痙攣(けいれん)とは違う運動が起こる)

など『痺れ(しびれ)』にも様々な症状があります!

あなたの『痺れ』はどの痺れに当てはまりますか?

 

ここからはそれぞれの痺れのタイプごとに考えられる原因を説明していきます。

 

①異常な感覚(ビリビリ、ジンジン、チクチク)タイプ

この様なしびれは神経や血管が原因である可能性が高いです!

しびれを感じる部位にもよりますが、頸や肘、手首などで障害されていることが多いです。

また、糖尿病などの内科系疾患でも手指の痺れが出ることがあります。

 

②感覚麻痺(触った感じが変、触られても感じない)

感覚の異常を伴う痺れも神経性の痺れである可能性が高いです。

また、「手の平に紙を貼ったような感覚」というような異常感覚の場合には、手首や指の筋肉をほぐすことで解消される場合があります。

 

③運動麻痺(勝手に動く、痙攣(けいれん)とは違う運動が起こる)

中枢神経(脳や脊髄)が原因の場合が多いです。

命に関わるものから、薬で緩和されるものなど様々あります。

意識せずとも勝手に手足が動いたり、明らかに痙攣とは違う運動が伴うものは病院で検査することをおすすめします。

(特に、顔面の痺れと手足の感覚異常や運動障害が伴うものはすぐに病院へ行くことをおすすめします。)

 

 

【筋肉性の痺れ】

意外に思われるかもしれませんが、筋肉のトリガーポイントによっても痺れを引き起こすことがあります!

ここまでは、筋肉によって神経が圧迫された事による”神経性の痺れ”についてご紹介しました。

しびれを訴える患者さんに対して、神経の検査をしても反応がないことがあります。

 

そのような患者さんに対して、トリガーポイントとなる筋肉を押したり、負荷をかけたりすると普段感じている痺れを再現出来ることがあります!

そしてそのトリガーポイントに鍼をすると痺れが改善した。というような患者さんを何人も経験しております!

 

例えば、

(トリガーポイントと関連痛ガイドより引用)

(左:斜角筋による症状を感じる部位をく表示、右:斜角筋のトリガーポイントを✖で表示)

首の前にある斜角筋のトリガーポイントは、二の腕手の甲にまで痺れを引き起こすことがあります。

斜角筋は神経を圧迫したり牽引する要因にもなりますが、神経を圧迫していなくても斜角筋のトリガーポイントによって

手に痛みや痺れを引き起こしていることがあります。

 

 

 

   

(トリガーポイントと関連痛ガイドより引用)

(左:広背筋による症状を感じる部位をく表示、右:広背筋のトリガーポイントを✖で表示)

 

背中にある広背筋のトリガーポイントは、手先に痺れを引き起こすことがあります。

背中の筋肉が原因で肩〜手先の痺れが引き起こされているとは驚きですよね!

このように、筋肉によっても手のしびれを引き起こすことがあるので、神経の治療をしていてもあまり良くならない方は是非ご相談くださいませ!

(筋肉による手の痺れの実際の症例はこちらから

 

 

「手の痺れで困っている。」「治療を受けても改善しない…。」という方も是非お気軽にご連絡くださいませ!

 

 

ご不明な点や症状に関しての

ご質問、ご予約は当院の公式LINEより承っております!

 

 

☝公式LINEからご予約・ご相談可能です☝

☝ご予約はネットからもできるようになりました☝

 

(お急ぎの際はお電話にてお問い合わせください。)

 

ご来院お待ちしております。

 


 

≪関連ページ≫

むち打ち症(頸椎捻挫)

40代 男性 交通事故後の首の痛み  〜臨床症例集〜

 

 

こんにちは。

名古屋トリガーポイント鍼灸院です!

 

今回ご紹介させていただくのは、

交通事故後の両側の首肩の痛みでお困りの方です。

 

痛みは事故直後よりも段々と悪化していて、「最近は仕事中に頭痛が出て大変困っている。」とのことでした。

頸の痛み動かしにくさ頭痛があり、吐き気、腕や手のしびれ、めまい等はありませんでした。

 

【問診】

知り合いで事故治療をした人が鍼で良くなったと言っていたことと、通いやすさから当院を選んだ。とのことでした。

停車中に後方から追突され、

直後は痛くなかったが、段々と悪化し痛みが頸から肩の方に下がってきている。

最近は、頭痛もあり特に仕事中から仕事後にかけての頭痛がひどくて困っている。

 

病院で検査したが、MRIやCT、レントゲンでの異常はみつからなかった。

最初の病院では湿布と痛み止めを渡されるだけで、痛みは変わらなかったため、

さいとう整形外科に転院。リハビリと鍼を併用しようと思い来院。

 

 

【所見】

全方向可動域制限あり

・動作時痛

特を伸展時した時の後頸部の痛みや、屈曲した際に首から肩の突っ張り感がある。

 

・圧痛

天柱(半棘筋)、風池(板状筋)、大胸筋、肩甲挙筋、僧帽筋上部

 

その他の可動域制限や動作時痛はほとんど無く、手足のしびれや、知覚異常・筋力低下などの神経所見は陰性でした。

 

治療経過

1回目:頭痛が少し良くなった。

3回目:「すごく効いた!次の日からめちゃくちゃ良くなった」と

5回目:最初の痛みを10としたら今は5以下(日にもよる)

9回目:最初の痛みを10としたら今は2-3ぐらい

10回目:頸の痛みは大分良くなった。肩が少し気になる。

 

この方は、リハビリと併用していたことや、早期に治療が行えたことで回復が早かったのだと考えられます。

 

交通事故後の不調は後遺症を残さないためにも、早く回復するためにも早期に適切な治療を行うことが大切です!

身の回りの方でお困りの方がいらっしゃいましたら、是非お気軽にご相談くださいませ‼

 

また、交通事故治療についてや実際に事故に遭われた際に何をするべきなのかなど詳しくはこちらからご確認下さい。

 

TEL:052-753-3231

公式LINEはこちらから

 


 

【関連ページ】

交通事故治療について

むち打ち症(頸椎捻挫)