名古屋県愛知市名東区一社 トリガーポイント 筋膜リリース 鍼灸 アナトミートレイン

 名古屋トリガーポイント治療院

48歳 男性 腰痛 股関節前面痛 - 臨床症例集

 

腰部椎間板ヘルニアと診断された症例です。症状が良くなるにつれ治療間隔を延ばし、現在は症状増悪しないように月1回来院されています。

担当:山崎

項目 内容
年齢・性別 48歳 男性
職業 事務職
主訴 右腰痛・右股関節前面痛
現病歴 15年程前から腰痛出現。病院で腰部椎間板ヘルニアと診断されている。整形外科や接骨院で治療を受けていたが寛解しない為当院来院。
治療内容  

安静にしている時は痛みはないが、立ち上がる動作や座る動作で痛みが出て、就寝時寝返りをうつと痛みが出て3日に1回は痛みで目が覚める。右腰から鼡径部にかけて鋭痛があり、右殿部はしびれ感(感覚が鈍い感じ)がする。

 

体幹の伸展時痛があり、L5の棘突起叩打で普段の痛みが再現。その他理学検査を加味して「椎間関節性腰痛」を疑い、L4/5ーL5/S1の椎間関節部に鍼通電療法を行った。

 

また他の体幹動作や圧痛点から、腰方形筋や腸腰筋などのトリガーポイントに鍼治療を行った。

経過 初診時 RDQ:6/24 (RDQ:Roland-Morris Disability Questionnaire 腰痛によるQOL評価で生活の質が悪いほど数字は大きくなる。)

 

2診目 治療当日は楽だったが痛み残存。ペインスケール9 (初診時を10とする)

 

3診目 治療後2日間非常に楽だった。ペインスケール7

痛みで夜目が覚めることが無くなった。

 

6診目 1週間座り仕事を強要された為、痛み増悪。

 

9診目 体幹伸展時の痛み消失。来院頻度を1ヶ月に1回に変更。

ペインスケール3

 

12診目 RDQ:1/24

ペインスケール1