名古屋県愛知市名東区一社 トリガーポイント 筋膜リリース 鍼灸 アナトミートレイン

 名古屋トリガーポイント治療院

非特異的腰痛 (椎間板性腰痛) - スタッフのブログ

椎間板は腰椎の間に挟まっている軟骨の事で、よく「椎間板ヘルニア」などで耳にすると思います。

 

この椎間板の周りには「脊椎洞神経」という痛みを感じ取る神経が分布しています。

 

なので色々な原因で椎間板が変性してその神経を刺激すると腰痛として感じると考えられます。

 

椎間板には、立っているよりも座っている姿勢の方が負荷がかかると言われていて、さらに前屈すると負荷は増します。

 

なので立った姿勢から前屈をさせて最終可動域のところで痛みが出たり、前屈姿勢から体を戻す時に腰痛を感じたり、圧痛点がはっきりせず深部で重苦しく感じる腰痛は椎間板性腰痛の可能性があると考えています。

 

また、その腰部椎間板周囲に分布する神経は第2腰神経に集約されているので、鍼治療を行う場合は第2腰神経根の刺激として第2・第3腰椎椎間関節部に鍼刺激を行います。

 

その部位はちょうど「腎兪」というツボがあり、昔から腰痛に使われる代表的なツボなので、昔の方は経験的にもここが腰痛に効くことを知っていたのでしょうね。

 

————————————————————————————————
名古屋市名東区
一社駅前の鍼灸院

名古屋トリガーポイント治療院

予約優先 052-753-3231