名古屋県愛知市名東区一社 トリガーポイント 筋膜リリース 鍼灸 アナトミートレイン

 名古屋トリガーポイント治療院

腰方形筋 - スタッフのブログ

先日、筋肉の触診の練習をしました。

 

基本的には筋肉の走行に対して垂直に触ると筋肉は触り分けることができます。

 

腰方形筋の場合は腸肋筋の外側で横っ腹を真横から押すと触りやすいですが、当院では特殊な練習方法を行っています。

 

当院では単独の筋肉に鍼を刺入して電気を流す「低周波鍼通電療法」を行っています。

 

筋肉に外部から電気刺激を与えると収縮するので、その特徴を活かして触診の練習をします。

 

腰方形筋であれば、起始部の腸骨稜や停止部の第12肋骨の筋付着部も律動的に収縮するので、絵を描いたように筋肉が見えてきます。

 

動画アップを試みましたができなかったので、わかりづらいですが静止画を。

 

image

 

左が頭側、右が尾側で、左の腰方形筋が律動的に収縮しています。

 

 

 

ん〜やっぱ静止画ではわからん!

 

腰方形筋は腰痛の原因になっている事が多いです。

腰痛でお困りの方はご相談頂けたらと思います。

————————————————————————–

名古屋市名東区
一社駅前の鍼灸院
名古屋トリガーポイント治療院
予約優先 052-753-3231