名古屋県愛知市名東区一社 トリガーポイント 筋膜リリース 鍼灸 アナトミートレイン

 名古屋トリガーポイント治療院

「お尻が痛くて座っていられない」 - スタッフのブログ

こんにちは!名古屋トリガーポイント治療院の高橋です。

 

最近、Apple好きの前田先生が、アップルウォッチや最新のアイパッドを買い

その機能に日々驚いています。

 

私も少し前にアイパッドを買いましたが、仕事でもほとんどパソコンの様に使えたり

プライベートでも、本や映画など色々なことがアイパッドで出来ることに驚きですね。

ただ、やっぱり本は文庫のほうが良いと思ってしまったり…(T_T)

 

 

さて、そんなお仕事やプライベートでも必需品のパソコンやスマホですが

その時の姿勢!少し気にしてみてください。

 

お仕事中はパソコンの前にずっと座っている。こんな方は多いのではないでしょうか?

さらに

休みの日もソファーに座っている事が多い

または、車の運転が多くて長時間座っていることが多い。

 

このように座っている時間が長くなってくると、こんな症状が出てしまうことがあります。

「お尻が痛くて長い時間座っていられない!」

 

ずっと座っていることによって、お尻の筋肉が圧迫されて血流が悪くなり

筋肉が栄養不足になって、トリガーポイントが出来てしまいます!

 

さらに、お尻の筋肉の近くには坐骨神経という大きな神経が通っていて

固くなった筋肉が神経を圧迫してしまうと、脚が痺れたりしてしまいます。

 

 

これを梨状筋症候群というふうに呼びます。

 

今日は「梨状筋」について書きたいと思います!

 

お尻の筋肉が坐骨神経を圧迫!?

 

上の図のように、骨盤から出てきた坐骨神経の上を梨状筋が通るので

梨状筋が固くなると坐骨神経を圧迫してしまうことがあります。

 

座っていると足がビリビリ痺れる、脚をクロスしていると痺れるなどの症状がでます。

 

こんな所に痛みを飛ばします!

筋肉にできたトリガーポイント(痛みの原因となるコリの親玉)は離れた部位に関連痛を生じさせます。

(トリガーポイント、関連痛について詳しくはこちら→ http://www.triggerpoint.nagoya/fascia_release)

 

下の図はお尻の梨状筋の関連痛の図です。

上の図のように、梨状筋はお尻の中央や、お尻のほっぺに関連痛を出しやすいです。

 

しかし、さらに悪化していくと

ふとももの裏、膝裏にまで痛みが飛んでしまうケースもあります。

 

当院での治療

当院ではエコーを使いながら、梨状筋やその他の細かい筋肉をしっかり緩めます。

エコーを使うことで、

神経の位置が分かるので、その周りを安全かつ的確にリリースすることができます。

梨状筋が緩み、坐骨神経の周りの癒着がリリースされることで痺れや痛みが緩和されます。

 

 

他にも、日常生活でのアドバイスなども指導したりしています。

 

まとめ

今回は梨状筋についての話しでした。

長時間座っていることが多い、座っているとお尻が痛くなってくる、痺れてくる

これらの症状はもしかしたら梨状筋が原因かもしれません!

 

なにかありましたら、ぜひ1度ご相談ください(^-^)

 

高橋


名古屋市名東区一社駅前の鍼灸院

名古屋トリガーポイント治療院

電話予約・お問い合わせ 052-753-3231

ネット予約開始しました!↓

→インターネット予約はこちら←