名古屋県愛知市名東区一社 トリガーポイント 筋膜リリース 鍼灸 アナトミートレイン

 名古屋トリガーポイント治療院

学生応援企画③「腰椎分離症、分離すべり症」 - スタッフのブログ

こんにちは!

名古屋トリガーポイント治療院、鍼灸師の高橋です。

 

学生応援企画として学割を開始し、多くの反響を頂いております!

 

 

実際には、

「勉強時の腰の痛みが気になる!」

「高校野球の夏の大会に出たい!」

「陸上短距離でいい成績を残したい!」etc…

 

 

そんな学生の皆様のサポートをさせていただいています!

 

ご興味がある方はぜひ一度、ご相談下さいませ!

 

 

ご予約・ご相談はお電話(052-753-3231)、

ご予約のみでしたら、ネット予約が便利です!


関連記事

期間限定!学生応援キャンペーン始めます!


 

さて今回は、わたくし「高橋」が

 

学生に多い腰痛のひとつ「腰椎分離症、分離すべり症」

 

について解説します!

 

関節痛のイラスト(腰)

 腰椎分離症、分離すべり症とは

分離症とは、過度なスポーツ活動などにより起こる腰椎の疲労骨折です。

 

中学生くらいの男子に多い疾患で、ジャンプ、体幹のひねり動作などを過度に繰り返すスポーツに多いといわれています。

 

症状は、腰痛、臀部痛、体幹を反る動作で痛みが増悪することが特徴のひとつです。

 

悪化すると「分離すべり症」へと進行します。

 

 なぜ腰椎分離症、分離すべり症になる?

腰椎分離症、分離すべり症は腰椎の疲労骨折です。

つまり腰椎の骨に負荷がかかりやすい体をしていると、この疾患になりやすいです!

 

どのような体が腰椎に負担をかけやすいかというと、

「股関節が固い人」!!

このような人は要注意です。

   

左が股関節が柔らかい人右が股関節が固い人の例です。

写真でもお分かりいただけるかと思いますが、「腰、股関節の両方をつかって動かしている人」の方が腰の負担は少ないです。

 

つまり股関節周りを柔らかくすることが腰椎分離症、分離すべり症のセルフケアにつながります!

 

 セルフケア、セルフチェックの方法は?

まずは、臀部のストレッチです。

大殿筋のストレッチを教えたいと思います!

 

①長座の姿勢になります。

②伸ばしたい側の足をクロスさせます。

③膝の内側と胸を近づけるようにストレッチします。

 お尻の後ろが伸びていることを確認してください

下の図は左臀部のストレッチです。

 

  

15~20秒ほど伸ばしましょう。

 


股関節前のストレッチも効果的です!!

①まずは平らなところに立つ。

②片足立ちになり、手でつま先を持つ。

③かかとをお尻に付けたまま、膝を体幹より後方に持っていく!

 

ポイントは体幹のライン(青い線)より後方に持っていくところ!

赤い線くらい曲がれば合格です!

 

 まとめ

では、今回のブログのまとめです!


 

  • 腰椎分離症、分離すべり症は腰椎の疲労骨折。
  • 股関節が固い人は腰椎分離症、分離すべり症になりやすい。
  • 臀部、大腿前面のストレッチ

 

痛みが出る前のケアが大事です。

ぜひ、セルフケアやってみてください!

 

高橋


名古屋市名東区一社駅前の鍼灸院

名古屋トリガーポイント治療院

電話予約・お問い合わせ 052-753-3231

ネット予約開始しました!↓

→インターネット予約はこちら←