名古屋県愛知市名東区一社 トリガーポイント 筋膜リリース 鍼灸 アナトミートレイン

 名古屋トリガーポイント治療院

学生応援企画② 「投球障害肩」 - スタッフのブログ

こんにちは!

名古屋トリガーポイント治療院、鍼灸師の高橋です。

 

学生応援企画として学割を開始し、多くの反響を頂いております!

 

 

実際には、

「勉強時の腰の痛みが気になる!」

「高校野球の夏の大会に出たい!」

「陸上短距離でいい成績を残したい!」etc…

 

 

そんな学生の皆様のサポートをさせていただいています!

 

ご興味がある方はぜひ一度、ご相談下さいませ!

 

 

ご予約・ご相談はお電話(052-753-3231)、

ご予約のみでしたら、ネット予約が便利です!

 

 


関連記事

 

期間限定!学生応援キャンペーン始めます!

 


 

さて今回は、わたくし「高橋」が、

 

学生時、野球により悩まされた「投球障害肩」

 

について解説します!

 

野球のピッチャーのイラスト(オーバースロー)

 投球障害肩とは!?

投球障害肩とは、投球による肩のオーバーユース(使いすぎ)により起こるもの

投球時に肩の痛みを訴えます。ひどい症状では夜間、痛くて寝れないということもあります。

 

投球障害肩には筋肉の痛み、腱板損傷、インピンジメント症候群、リトルリーグショルダーなどなど、いろいろな病態があり、これらをまとめて投球障害肩と言います。

 

しかし、その背景には筋肉のこり、疲労が関わっています。

今回は肩の筋肉について書いていきたいと思います!

 

 なぜ投球障害肩になる?

いろいろな病態を総称する投球障害肩の背景には、筋肉のコリや疲労が関わっています。

 

    

肩は棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋という4つの筋肉が

肩関節を安定させるように働いています。これらを腱板(ローテーターカフ)と言います。

 

よく、野球選手がインナーマッスルを鍛えて! というのは

主にこれらの筋肉のことを言います。

 

これらの筋肉が疲労などでしっかり働かなくなってくると

肩関節が安定性を失い、肩関節にダメージ蓄積されて投球障害肩になります。

 

トリガーポイントの関連痛

これら以外でも、筋肉の関連痛として肩に痛みが生じている場合があります。

 

このような場合もあるので問診、検査をしっかり行っていきます。

 セルフチェック・セルフケア方法は?

今回は腱板(ローテーターカフ)のなかでも

棘下筋という筋肉のセルフケアを教えたいと思います!

 

 

①伸ばしたい側を下にして横向きになります。

②手の平を地面に近づけるよう反対の手で押していきます。

  

15~20秒ほど痛気持ちい程度にゆっくり伸ばしましょう!

 

 まとめ

では今回のブログのまとめです!

 


  • 投球障害肩は筋肉の疲労が背景にある

 

  • 特に腱板(ローテーターカフ)の筋肉が重要

 

  • 腱板(ローテーターカフ)のストレッチ

 

筋肉の疲労を放っていると関節や骨にまで影響が及んでいきます。

おかしいな?と思ったら早めの治療をしましょう。

 

高橋


名古屋市名東区一社駅前の鍼灸院

名古屋トリガーポイント治療院

電話予約・お問い合わせ 052-753-3231

ネット予約開始しました!↓

→インターネット予約はこちら←