名古屋県愛知市名東区一社 トリガーポイント 筋膜リリース 鍼灸 アナトミートレイン

 名古屋トリガーポイント治療院

50代 女性 右膝痛、殿下肢痛 - 臨床症例集

半月板損傷を疑う徒手検査が陽性で、膝の可動域制限と、臀部~下腿後面の痛みがある方で、

筋筋膜の治療で痛み、可動域共に改善傾向にある症例です。

担当:高橋

項目 内容
年齢・性別  50代 女性
職業
主訴 #1右膝痛 #2右殿下肢痛
現病歴 今年4月山を登った際、膝からグチュッと異音がして痛み発症。整形外科にてレントゲンをとるが異常なし。
治療内容 #1日常生活では膝屈曲制限がある為、正座が出来ない。

ランニング時8㎞付近から膝内側に痛み。

McMurray test L(-) R(+)

Apley Compression test  L(-) R(+)

ROM 膝 屈曲 L 160° R 135°

ハムストリングス、大腿四頭筋を中心に鍼治療を行った。

#2膝伸展位で立位時、臀部~下肢後面に鈍痛

中殿筋、ハムストリングスに圧痛

中殿筋、ハムストリングスに鍼治療を行った。

経過 1診目 治療後 ROM 膝 屈曲 L 160° R 155°

2診目 治療後 ROM 膝 屈曲 L 160° R 160°

3診目 ペインスケール2(初診時を10とする)しゃがむ動作で膝内側の痛みを訴える。

3診目 しゃがみ動作の痛み消失