名古屋県愛知市名東区一社 トリガーポイント 筋膜リリース 鍼灸 アナトミートレイン

 名古屋トリガーポイント治療院

68歳 男性 左殿下肢痛・しびれ(閉塞性動脈硬化症) - 臨床症例集

 

重度の閉塞性動脈硬化症(ASO) と診断されている患者様です。ASOによる間欠跛行も無くなりご夫婦で旅行を楽しまれてらっしゃいます。

担当:山崎

項目 内容
年齢・性別 68歳 男性
職業 会社員
主訴 左殿下肢痛・しびれ
現病歴 約1年前に電車で東北まで出張に行った際、長時間座っていたことと足が冷えたためか主訴出現。近医にてレントゲンを撮影し「一番下の骨が神経を圧迫している」と診断された。鍼やマッサージ、カイロなどいろいろ試したが改善されず、ホームページをみて当院来院。

既往歴:左下肢閉塞性動脈硬化症(3年前)

治療内容 鈍痛 → 腰〜大腿後面

しびれ → 下腿前面〜足背

5kmの散歩が辛くて歩けない。

閉塞性動脈硬化症による間歇跛行と、筋・筋膜性の痛みと想定し、腰殿部から下肢の筋膜への鍼治療と、深腓骨神経の血流改善を目的に同神経に鍼通電療法を行った。

経過 2診目 腰〜下肢の痛み ペインスケール:5 (初診時を10とする)

3診目 腰〜下肢の痛み ペインスケール:3

5kmきついけど歩けた

4診目 腰〜下肢の痛み ペインスケール:1

その後3〜5の痛みが続いたが歩行距離制限はなくなり、20診目には歩行時の痛み消失。