名古屋県愛知市名東区一社 トリガーポイント 筋膜リリース 鍼灸 アナトミートレイン

 名古屋トリガーポイント鍼灸院

五十肩(肩関節周囲炎) - スタッフのブログ

 

 

五十肩のひどい症例では、夜間痛と言われる症状が起こることがあります。

夜間痛とは動いていなくても、痛くて寝られないという症状です。

こうなる前にも早めの治療をお勧めします。

 

肩だけでなく、

首が動かしづらい方や首肩の痛みで腕が上がりにくい方は

↓  こちらの記事もあわせてご覧くださいませ。↓

 

首と肩はなぜ関係している?

 

 

五十肩の他

肩の痛みを引き起こす疾患に腱板断裂がございます。

 

腱板断裂では肩を動かしている途中に痛みが起こることが多く、

腱板断裂を放置しておくと周囲の筋肉が痩せてしまったり、断裂が広がったりしてしまう可能性があります。

こちらも早期発見が重要です。

 

腱板断裂の場合、鍼治療での局所治療は難しいため、

一度整形外科を紹介させていただき、各種検査の上で当院にて対応させていただきます。

 

【五十肩(肩関節周囲炎)とは?】

 

五十肩(肩関節周囲炎)は、

五十肩は、正式名称を「肩関節周囲炎」(かたかんせつしゅういえん)といい、「凍結肩」とも呼ばれます。

 

肩が痛くて動かなくなったり夜に痛くて寝られないなどの症状が起こります。

 

40歳から60歳に多く発症し、

40代で発症した場合は四十肩、50代で発症した場合は五十肩と呼ばれますが、同じ疾患です。

また、糖尿病の人は肩関節周囲炎になりやすく10%近く頻度が増加すると言われています。

 

肩関節周囲””と言われますが、実際に炎症がみられることは殆どなく、

筋肉の硬さによる肩の動かしにくさや、血流悪化による痛みなどが出ていると考えられます。

 

その為、

温めたり動かして血流を良くした方が症状の改善が早くなります。

 

 

【原因】

 

肩の関節は筋肉や腱、靭帯や関節包、滑液包と呼ばれるものが密集しています。

なんらかのきっかけで

炎症が起きたり、血流不全が起きたりすると

これらの組織が癒着してしまい肩の動きが制限されてしまいます。

癒着して動かない状態が続くと、

痛みセンサーが敏感になりトリガーポイントという状態になるため、

痛みを過敏に感じるようになってしまいます。

 

肩を普段からあまり動かさない方や、

寒さや緊張などで肩に力が入ってしまっている方に多く見られます。

 

五十肩の治療では、

時期に合わせて

痛みの治療と拘縮(肩が動かない)の治療を行うことが重要です。

 

【トリガーポイントによる 五十肩(肩関節周囲炎)・肩の痛み】

 

トリガーポイントとは、

コリが酷くなり、痛みセンサーが過敏化してしまっている状態のことを言い

指圧をするとズーンと響くような痛みがあったり、

押した場所から離れた部位まで痛みが響いたりするポイントのことを言います。

 

このように押した場所から離れた箇所に痛みが響くことを、筋肉の関連痛と言います。

 

トリガーポイントについて詳しくはこちら↓

トリガーポイントとは

 

【治療方法】

 

五十肩は大きく3つの時期に分かれます。

①炎症期 …痛みが強い時期

②拘縮期 …痛みが落ち着いたけど、固くて動かない時期

③解氷期 …徐々に動けるようになっていく時期

それぞれに合わせた治療が必要になります。

 

五十肩(肩関節周囲炎)に対する治療

 

①炎症期の治療

炎症期は痛みを強く感じている時期で、夜間痛(痛みで寝られない)の症状も出ている時期です。

この時期では、ストレッチなどはむやみにやらず安静をおすすめします。

鍼の治療も過敏になった痛みのセンサートリガーポイント正常化するような治療を行います。

 

トリガーポイントとは

 

②拘縮期〜解氷期

この時期は痛みがある程度落ち着いているため

動かなくなった可動域を改善するような治療を行います。

当院では超音波診断装置(エコー)を使い、動きの悪い場所を確認しながら施術を行っています。

 

筋膜を見ながら治療をする!ーエコーガイド下鍼灸治療とはー

 

③解氷期〜その後

五十肩はもともと肩こりがある人に発症しやすいとも言われています。

筋肉のこりが原因で肩甲骨の動きが悪くなっていないかチェックいたします。

また、肩の動きの若干の左右差・筋力差を治療することで再発を防止します。

 

肩こり なかなか改善しない【慢性肩こり】

 

五十肩後のひどい肩こり、頭痛 担当:高橋

 

当院の五十肩治療を受けられた患者様の声

 

左腕の痛み、右五十肩

 

左肩の痛み(五十肩)

 

「五十肩後のひどい肩こり、頭痛」患者様の声をいただきました。

 

五十肩(肩関節周囲炎) にお悩みの方

 

当院にも五十肩に悩まされている多くの方が来院されています。

 

眠ることが出来ないくらいな強い痛みが出てしまったり、

いつも出来ていたことが難しくなったりしてしまう方もいます。

 

そうなる前に原因を突き止め、

一人ひとりに合わせた最適な治療をすることがとても大切です。

 

当院では

筋肉の専門家である鍼灸師

エコーを用いた検査や可動域検査、問診などをしっかり行い、

今までわからなかった痛みの原因を探していきます

 

お一人お一人にあわせた治療プランで

辛い五十肩を私たちと一緒に治していきましょう!

 

少しでも辛いなと感じる方は、症状が酷くなる前に

当院のトリガーポイント治療をお試し下さい!

 

 

ホームに戻る

 
名古屋トリガーポイント鍼灸院について詳しくはこちら

治療院案内

 
システム・料金について 詳しくはこちら

システム・料金

 
当院のセラピストについて詳しくはこちら

治療家紹介

 

☝公式LINEからご予約・ご相談可能です☝

☝ご予約はネットからもできるようになりました☝

(お急ぎの際はお電話にてお問い合わせください。)

 

ご来院お待ちしております。

 

 

 

 

【五十肩とは?】

五十肩は、正式名称を「肩関節周囲炎」(かたかんせつしゅういえん)といい、「凍結肩」とも呼ばれます。

 

肩関節周囲炎は40歳から60歳の女性に多く発症し、40代で発症した場合は四十肩、50代で発症した場合は五十肩と呼ばれますが、同じ疾患です。

また、糖尿病の人は肩関節周囲炎になりやすく10%近く頻度が増加すると言われています。

 

肩関節周囲””と言われますが、実際に炎症がみられることは殆どなく、筋肉の硬さによる肩の動かしにくさや、血流悪化による痛みなどが出ていると考えられます。

その為、温めたり動かして血流を良くした方が症状の改善が早くなります。

 

 

【原因】

原因ははっきりしていませんが、中年以降に発症することから加齢に伴う肩周りの筋肉の柔軟性の低下によるものではないかとも言われています。

肩を普段からあまり動かさない方や、寒さや緊張などで肩に力が入ってしまっている方に多く見られます。

 

 

【治療方法】

いつ痛みを感じるか、どこに痛みを感じるかなど詳しくお話を聞かせていただき、痛みの原因になっている筋肉・筋膜・その他の組織を絞り込み、触診をして治療部位を決めていきます。

当院では、鎮痛作用や硬くなってしまった筋肉の血流改善を目的に鍼治療を中心とした施術を行っております。

 

また、治療を行う上で肩関節周囲炎(五十肩)とその他の疾患の鑑別が大切になります。

当院では、問診や理学的検査、超音波画像診断装置(エコー)を使い腱板断裂や石灰性腱炎、変形性肩関節症などの鍼治療では改善が難しい疾患でないか鑑別を行っております。

(当院での改善が難しい疾患である可能性が高い場合は、提携している整形外科に紹介させていただきます。)

 

例えば肩関節周囲炎(五十肩)の場合、

初期:何もしなくても痛い、夜に痛みで目覚めてしまうなどの症状が多く見られる。

期間が経過したもの:動きの最後で痛みを感じることが多く、動かしている途中や動かし初めに痛みはあまり無い。

といった症状が確認されることが多くあります。

 

逆に、腱板断裂では肩を動かしている途中に痛みが起こることが多く、腱板断裂を放置しておくと周囲の筋肉が痩せてしまったり、断裂が広がったりしてしまう可能性があります。こちらも早期発見が重要です。

腱板断裂の場合、鍼治療での局所治療は難しいため、一度整形外科を紹介させていただき、各種検査の上で当院にて対応させていただきます。

 

この様に当院では、鍼や筋膜リリースの適応であるか?ということも含め、痛みの原因をしっかりと調べ、患者様に最適な治療を提案させていただきます。

 

≪当院の治療≫

 

《超音波画像診断装置(エコー)を用いた施術》

 

 

 

 

 

 

超音波画像診断装置(エコー)は筋肉の状態を確認し、炎症や肉離れなどがないか、確認することが出来る装置です。

エコーガイド下に鍼治療を行うことで、より安全で正確な施術をすることが出来ます。

 

 

 

《低周波鍼通電装置》

 

 

 

 

 

 

 

筋肉を動かすことによって筋肉の血流を良くして柔らかくする効果が期待されます。

鍼に電気を流して筋肉を動かす機械です。

電気といっても「ビリビリする感覚」はほとんどなく、筋肉がピクピクと動く感覚です。

 

 

 

《MYORUB(ミオラブ)》

 

 

 

 

 

 

 

筋膜リリースのツールで、痛みなく筋膜リリースする事ができ、鍼が苦手な方でも安心して受けていただけます。

筋膜リリース効果とリラックス効果の両方の効果が期待できます。

 

 

 

当院では、様々な痛みの種類・場所・原因に対し鍼やお灸、MYORUBによる筋膜リリース、運動療法なども使い、

 

患者様のお身体の状態に合わせた治療計画を立て、”痛みのある部位”と”痛みの原因”のどちらにもアプローチをし、一刻も早い症状の改善を出来るよう努めております。

 

 

 

≪肩関節周囲炎の患者様の実際の治療例≫

51歳 男性 左肩関節痛