名古屋県愛知市名東区一社 トリガーポイント 筋膜リリース 鍼灸 アナトミートレイン

 名古屋トリガーポイント治療院

スタッフのブログ(2020年02月)

スタッフのブログ

 

こんな時『ぎっくり腰』は起こりやすい!

 

 

「前屈みになった時に」「立ち上がった瞬間」

または、「朝起きたら急に痛かった」このように急に襲ってくる「ぎっくり腰」

「魔女の一撃」と言われることもあり、突然の激しい痛みを表しています。

 

「Wikipediaより引用」

 

魔女の一撃と言われる「急性腰痛」

一見「急な激痛」に思われるぎっくり腰は「急に」でありません。

 

「立ちっぱなし作業によるお尻の過緊張」「前屈み作業」「座りっぱなし」などで

知らず知らずのうちに筋肉にコリができてしまい

最後の一撃がぎっくり腰なのです。

 

「魔女は背後からゆっくりゆっくり近づいてきて

最後の最後に一撃を与える」のです!

 

ぎっくり腰を早く治すために

一昔前は「ぎっくり腰になったらとにかく安静に」が常識でした。

しかし、現在では常識は変わり「出来る限り普段通りの生活をした方が治りが早い」と言われています。

 

しかし、痛みが強く出ているうちに

ガンガン筋トレやストレッチをするのは良くありません。

あくまで無理はし過ぎず、出来る範囲で仕事や家事を行うのが良いと思います。

 

ぎっくり腰に対する鍼の効果

 

 

ぎっくり腰の病態は,筋肉、椎間板、関節や周りの靭帯などが痛みの原因になっていると言われています。

 

痛みが強く出ている時、筋肉は痛みを庇おうとして過度に力が入ってしまいます。(防御性収縮)

そのせいで体はさらに変な方向へ捻れ

本来力が入ってほしいところに力が入りづらい状態になってしまいます。

 

痛みのせいで過緊張状態になった筋肉をほぐすことで

本来の状態に近づかせて、回復を早くする効果があります。

 

腰の痛みは股関節の筋肉がポイント!

ぎっくり腰になった時「前屈みになると痛い」ということがとても多いと思います。

「立った姿勢で前屈み」この動きは腰よりも股関節をよく使った動きです。

 

ぎっくり腰の腰の痛みは腰の奥深くで股関節の動きに関係する腸腰筋がポイントになっているケースが多いです。

「ヒューマン・アナトミー・アトラス2020より引用」

※エコーを使うことで深部の筋に、安全に鍼を打つことができます。

 

腸腰筋のセルフケアを紹介

ぎっくり腰になる前の予防が大事です。

ぜひ、セルフケを実践してみてください!

腰痛に効くセルフケア(腸腰筋)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

名古屋市名東区一社駅前の鍼灸院

名古屋トリガーポイント治療院

電話予約・お問い合わせ 052-753-3231

ネット予約開始しました!↓

→インターネット予約はこちら