名古屋県愛知市名東区一社 トリガーポイント 筋膜リリース 鍼灸 アナトミートレイン

 名古屋トリガーポイント治療院

脊柱管狭窄症 - 臨床症例集

 

このような症状でお困りではありませんか?

☑腰と足の痛み

☑歩いていると足が痛くなり、休むと楽になる

☑安静にしていると痛み・痺れ(しびれ)はない

☑思い当たる原因がないが腰と足に痛みがある

☑脊柱管狭窄症と言われたがなかなか良くならない。

 

 

足の痛み痺れでお困りの方は多くいらっしゃるかと思います。そしてその原因も様々あり、いろいろな治療を受けていらっしゃる方もいらっしゃいます。

今回は、足の痛みしびれの原因となる脊柱管狭窄症について当院の治療をご紹介したいと思います。

 

【脊柱管狭窄症とは?】

脊柱管という大きな神経の通り道が、何らかの原因で狭くなり神経が圧迫されてしまうことで、腰や足に痛み痺れを感じるという症状です。

歩くと脚の痺れや痛みで立ち止まり、座って休むと再び歩けるようになる。いわゆる、間欠性跛行が特徴的な症状です。

重症例では、膀胱直腸障害(排尿や排便の異常)や、下肢の筋力低下なども引き起こすことのある病気です。

 

【原因】

加齢や繰り返される腰への負荷などにより、背骨が変形してしまうことで脊柱管(神経の通り道)が狭くなり、神経が圧迫され下肢の痛み痺れを引き起こします。

 

【治療方法】

Visible Bodyより引用

脊柱管が狭くなったり、脊柱管内の圧力が高くなる原因として背骨のすぐ横にある脊柱起立筋(上図の筋肉)という筋肉の硬さが影響していることがあります。

脊柱起立筋は、背筋を伸ばす時に使っている筋肉で立っている時にも座っている時にも常に使っています。

この筋肉の硬さと背骨の変形が合わさることで、足の痛み痺れが起きているということが考えられます。

また、筋肉のトリガーポイントでも脊柱管狭窄症や坐骨神経痛と似た症状を引き起こすことがあります。

 

 

 

【筋肉による痛み痺れ】

筋筋膜性の痛み。痺れである場合、膀胱直腸障害間欠性歩行(歩いていると痛みが強くなり、安静にしていると痛みがおさまりまた歩けるようになる)は伴わないことが多いです。

また、トリガーポイントを刺激した際に痛み・痺れが再現されることがあります。

下肢に痛み痺れなどの症状を引き起こす原因の筋肉は多くありますが、このページではその中から一部をご紹介させていただきたいと思います。

 

 

The Trigger Point & Referred Pain Guideより引用

 

上の画像は外側広筋という、腰にある筋肉のトリガーポイントの図です。(トリガーポイント:印)

外側広筋のトリガーポイントによる痛み(図の赤色部分)は、股関節から下腿の外側の範囲に痛みを飛ばすことがあります。

(※赤く塗られている部分全体に痛み・痺れを感じる場合や、その中の一部のみに感じる場合もあります。)

 

 

The Trigger Point & Referred Pain Guideより引用

 

こちらの画像はハムストリングスと言われる、もも裏の筋肉のトリガーポイント図のです。(トリガーポイント:印)

ハムストリングスのトリガーポイントによる痛み(図の赤色部分)は、お尻からふくらはぎの方まで広がっています。

(※赤く塗られている部分全体に痛み・痺れを感じる場合や、その中の一部のみに感じる場合もあります。)

 

 

The Trigger Point & Referred Pain Guideより引用

 

こちらは小殿筋というお尻の筋肉のトリガーポイント図のです。

小殿筋は固くなりやすく、ストレッチなどで伸ばしにくい筋肉です。

小殿筋のトリガーポイントによる痛み痺れは、お尻から足の小指の辺りまで感じることがあります。

 

今回上記3つの筋肉をご紹介させていただきましたが、 これら以外にもトリガーポイントにより下肢に痛みを引き起こす筋肉は30以上存在します。

 

 

≪当院の治療≫

 

《超音波画像診断装置(エコー)を用いた施術》

 

 

 

 

 

 

超音波画像診断装置(エコー)は筋肉の状態を確認し、炎症や肉離れなどがないか、確認することが出来る装置です。

エコーガイド下に鍼治療を行うことで、より安全で正確な施術をすることが出来ます。

 

 

 

《低周波鍼通電装置》

 

 

 

 

 

 

 

筋肉を動かすことによって筋肉の血流を良くして柔らかくする効果が期待されます。

鍼に電気を流して筋肉を動かす機械です。

電気といっても「ビリビリする感覚」はほとんどなく、筋肉がピクピクと動く感覚です。

 

 

 

《MYORUB(ミオラブ)》

 

 

 

 

 

 

 

筋膜リリースのツールで、痛みなく筋膜リリースする事ができ、鍼が苦手な方でも安心して受けていただけます。

筋膜リリース効果とリラックス効果の両方の効果が期待できます。

 

 

当院では、様々な痛みの種類・場所・原因に対し鍼やお灸、MYORUB、運動療法なども使い、

 

患者様のお身体の状態に合わせた治療計画を立て、”痛みのある部位”と”痛みの原因”のどちらにもアプローチをし、一刻も早い症状の改善を出来るよう努めております。

 

 

 

≪関連記事

60代 男性 腰部脊柱管狭窄症と診断

72歳 男性 右殿部〜下肢の痛み・しびれ

 

 

下の公式LINEボタンからご予約も可能です。

(お急ぎの方や、公式LINEの使い方がわからない方はお電話にてお問い合わせください。)


名古屋市名東区一社駅前、整形外科医監修の鍼灸院

名古屋トリガーポイント治療院

電話予約・お問い合わせ 052-753-3231


 

 

 

 

 


 

腰の痛みはヘルニアが原因?